スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなどれません。淵野辺

タイトルは、「あなどれません。町田」のもろパクリです(汗)。

以前、こちらの記事で、

>周辺にいくつか大学があるというのに、学生が入りそうな店の少なさには驚きです。学生たちは
>みな、淵野辺駅を素通りして町田まで出てしまうのでしょうか。

>時間があったら、もうちょっと探検してみたいと思います。

なんて書きましたが、前言撤回。泊ってみると、なかなかいい街です。南口には「大戸屋」「王将」「イタリアントマト」などがあり、北口にも、学生が大勢で行っても、勤め人が一人で入ってもいい感じの飲み屋がいくつかあります。パッと見、さえない感じの人が、話してみると実は面白い人だった、みたいな感じです。



泊っているのは、淵野辺でたぶん唯一の、相模原第一ホテル。
相模原第一ホテル

朝食会場へ行くと・・・
相模原第一ホテル朝食会場

ビジネスホテルとしてはずいぶん充実した朝食にありつけました。
相模原第一ホテル朝食

ホテルから駅への道は、なぜか「こと座通り」。
こと座通り

「こと座通り」と、直角二等辺三角形交差点をはさんであるのが、「カシオペア通り」。
カシオペア通り



また、夏休みが明けたら、たまに淵野辺に泊まろうと思います。




スポンサーサイト

スクールバス登場!?

東京郊外の大学には、駅からバスに乗らないと行けないというところがたくさんありますが、私の勤務先もその一つ。小田急線の相模大野駅から神奈中(神奈川中央交通)の路線バスで20分。片道250円。渋滞すると30分以上かかることもあります。

学生大会からの要望に、しばしば「スクールバスを走らせてほしい」というのがありますが、諸般の事情で実現は無理なようです。

先日、淵野辺からの移動のとき、古淵駅の改札を出ると、車体に大学名が書かれたバスが止まっていました。一瞬、うちにもスクールバスができたのか?と思ってしまいましたが、そんなはずはなく。4月から新たにできた、古淵駅との間の路線を走るバスが、ラッピングバスになったようです。

090602_女子美バス
↑どう見ても、スクールバスに見えます。

一般客から、路線バスではないと思われてしまう・・・といった誤解の恐れはないんでしょうかね。




スクランブル交差点?

以前、こちらの記事で少し触れた、淵野辺駅北口のスクランブル交差点。地上に降りて見てみると、スクランブル交差点というよりも・・・

090702_01淵野辺駅前交差点1

直角二等辺三角形交差点(笑)。



それでも、信号機のところにはしっかりと、「スクランブル式」と書いてあります。私は、てっきり「ばってん」になるのがスクランブル交差点だと思っていましたが、そうとは限らないのですね。

090702_01淵野辺駅前交差点2



スクランブル交差点・・・歩行者へ青信号を発する時に、車両の通行がすべて停止し、歩行者が望む方向へ自由に横断できるような方式の交差点。【『広辞苑』第五版より】




相模大野(少しの怒りとともに)

夜の相模大野駅。相模原市内随一の賑わいを誇る駅。

090609_08相模大野駅


しかし、今日の主役は駅ではありません。

いつもは素通りすることの多い相模大野ですが、久しぶりに飲もうと思い、個性的な飲食店が新旧入り混じって軒をつらねる、ちょっとした歓楽街に足を向けました。ここには、ジンギスカンが食べられる店があって、そこがお目当てです。(当初は単にジンギスカン屋だったのですが、次第に「ジンギスカンも食える居酒屋」になっていったのが少々寂しいのですが。)

090609_06積木の街入口

が、歓楽街が今日は妙に暗い。定休日の店が多いのか?と思ってよく見ると、店じまいしているところがいくつもあるのです。何なんだこれは!?と思い、さらによく見ると「再開発のため○月○日をもって閉店いたします。」の貼り紙があちこちに。

090609_02閉店のお知らせ焼鳥屋

090609_03閉店のお知らせ中華屋

ジンギスカンのお店もなくなってしまいました。

090609_07ジンギスカン屋跡



表通りで、再開発のため立ち退いている店が多いのは知っていました。下の写真の通り(相模大野駅から相模女子大へ向かう道)の左側一帯です。

090609_04表通り1

090609_05表通り2

が、歓楽街の、奥の奥まで立ち退きが行われているとは!

相模大野は、平成の初めごろに再開発で伊勢丹ができ、駅からの道が整備されました。それでも、古い面影を残している一角があって、なかなかいい感じだったのですが、今度の再開発で一網打尽です。

                    ☆

相模原に通うようになって14年が経ちましたが、いつまで経ってもこの町が好きになれない理由がわかったような気がします。この地を愛する住民の方にはたいへん申し訳ないのですが、要は、自治体としての相模原市に、街づくりのセンスがまるでないというところなのです。

頑張ってサイン計画をしても、街づくりができていないから、「田舎の町が必死こいてるな」としか見えない。相模原駅前の面白くもなんともない通りに「さがみ夢大通り」なんて名付けるだけ名付けて放置、というやる気のなさ。これほどセンスのない自治体も珍しい。

そんな相模原市が、政令指定都市を目指しているというのですから、笑ってしまいます。「政令指定都市」という肩書も地に落ちたものだと。

090609_09政令指定都市垂れ幕



そもそも、相模原市というのは、戦時中に、田畑をつぶして軍施設を置くために、国の強制命令でいくつかの町村が合併させられてできた町です。戦後、座間が再分離・独立しましたが、それ以外は相模原町、のちに相模原市として今に至っています。戦時中の「無理やり一つに」が今でも続いていて、田舎の町の寄せ集めにしか見えない。「町田-海老名-橋本」のトライアングルに囲まれていると前に書きましたが、3つの頂点のうちの2つは市外。一体性に欠け、中心地のない、顔の見えない市と言えます。

そんな中、相模大野に残された古くからの歓楽街は、この市の数少ない魅力あるエリアとして輝いていたように思います。これがあるからこそ、駅から伊勢丹にかけての比較的新しい町並みも映えたというものです。

なのに。街づくりのセンスのない相模原市が、やっちまいました。再開発? 歓楽街を一網打尽にしてまで、高層ビルを建てる意味があるのでしょうか。高層階に展望室でも作るつもりなんでしょうか(笑)。政令指定都市になるというので、精一杯背伸びをしてるんでしょうか。

「分不相応」。5年後、真新しい高層ビルの外壁が落書きで埋め尽くされ、夜は人気もなくなり、歩きたくない町に変貌している様子が目に浮かびます。

こんな愚かな「再開発」に異議を唱える住民はいないのだろうか?と思ったら、やはりいました。

090609_01再開発反対

しかし、現実は、賑やかだった街の8割方が店を閉め、再開発計画は「順調に」進んでいるようです。




相模原駅

神奈川県相模原市。

合併で、相模湖まで含む広大な市域となる前は、おおまかに言って、JR横浜線、JR相模線、小田急線が作る、「町田-橋本-海老名」トライアングル⊿ に囲まれた市でした。市内の移動は、もっぱら車かバス。しかも、旧農道を思わせる狭くて曲がりくねった道を走るので、しばしば渋滞に巻き込まれます。インフラの整備が人口増加に追いついていないといった感があります。

そんな中にあって、比較的広い道が整然と通っている地区があります。それが、JR横浜線相模原駅周辺。市役所などの官公庁もこの近辺にあります。

090602_09相模原駅前地図
相模原駅南口から放射状に道路が延びています。

090602_03さがみ夢大通り

相模原駅前の目抜き通り?の「さがみ大通り」。何が夢なのかはわかりませんが。

相模原市の「相模原駅」ですから、市内で一番大きな駅と思われるかもしれませんが、そういうわけではありません。横浜線で町田方面に向かうときに通る、矢部、淵野辺古淵といった、ちょっと地味な駅から見れば、駅ビルもあり、ペデストリアンデッキもあり、バスも多数発着しており、それなりに見栄えはしますが・・・。少なくとも、小田急の相模大野駅のように、商店や飲食店がたくさん軒を連ね、駅前で路上ライブをしてる若者がいて、というような賑やかさはありません。

090602_04相模原駅遠景  090602_05相模原駅ビル

090602_06相模原駅



通勤時間帯はけっこう混むようですが、ホームはのどかです。
090602_07相模原駅ホーム1

あじさいが咲いていました。
090602_08相模原駅ホーム2



ややこしいのは、この「相模原駅」とはまったく違う場所に「小田急相模原駅」があること。両者の間は、バスで30分余りかかります。「相模原駅行き」というバスを見ると、一瞬、どっちに向かうのか、頭が混乱することがあります。

090602_01相模原駅前バス停1 090602_02相模原駅前バス停2
相模原駅前の、小田急相模原駅行き バス乗り場

地図研究家の今尾恵介氏によると、先にできたのは小田急の駅のほうで、当初は単に「相模原駅」と名乗っていたそうです。国鉄横浜線に「相模原駅」が設けられることになり、国鉄側が、小田急側に駅名の改称を迫り、小田急は不本意ながら、「小田急相模原駅」と改称したのだそうです。

そんな過去があるからなのかどうなのかわかりませんが、小田急相模原駅前のスーパーマーケット「小田急OX」は、「相模原店」を名乗っています。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。