スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46歳になりました

8月4日。私の誕生日。今日で満46歳になります。

昨年誕生日を迎えたときは44歳から45歳になるのに若干の抵抗感を覚えていましたが、今年はそういった思いもなければ感慨というものもなく、あっさりと誕生日を迎えました。45歳という年齢に慣れて、40代後半の仲間入りをした自覚がすでにできあがっていたからかもしれません。

今は特に抱負というものもなく、楽しく健康に過ごせればそれでいいと思っています。



関連記事
 昨年の誕生日:「45歳」
 一昨年の誕生日:「誕生日」




スポンサーサイト

10年後の8月

一時期、一世を風靡した札幌出身のガールズバンド「ZONE」の大ヒット曲「secret base ~君がくれたもの~」の一節にこういう歌詞がありました。

  君と夏の終わり 将来の希望 大きな夢 忘れない
  10年後の8月 また出会えるのを 信じて
  最高の思い出を…

当時、札幌出身ということで親近感は覚えていましたが、特にZONEを好んで聞いていたというわけではありませんでした。それでもこのサビの部分は印象的な旋律とともに強く記憶に残っています。

「secret base ~君がくれたもの~」がリリースされたのが2001年8月。その後、ZONEは2005年に解散しましたが、この曲のリリースから“10年後の8月”にあたる今年8月、1ヶ月限定で再結成されることになりました。
 ZONEオフィシャルブログ http://ameblo.jp/zone-10years/

                    ☆

10年前、2001年の8月。私は35歳から36歳になる月でした。

職場では、その年の4月から国際交流委員会の委員長になり(させられ)、当時限りなくゼロに近かった国際交流活動を本格化させよとの命を受けて、右も左もわからぬままただ流れに乗っているだけだった時期。

音声学関連では、恩師の竹林滋先生がこの2年後に喜寿を迎えるということで、弟子たちで記念に何か新しい音声学の本を作ろうという企画を立ち上げて半年余りたったころ。まだ全体像も見えていなかった時期。(さまざまな議論を重ねて、最終的には『大人の英語発音講座』(英語音声学研究会/NHK出版「生活人新書」)という形で結実しました。)

趣味はというと、聞く音楽はもっぱら辛島美登里さん。今のように多くの歌手を聞くようになるとは想像もつきませんでした。90年代半ばに辛島ファンの大きなグループらしきものができ、90年代後半にはインターネットが爆発的に普及して、個人が運営するBBS(掲示版)やML(メーリングリスト)で色々な(本当に色々な(笑))ファンの交流が生まれましたが、2001年ごろは考え方が近い仲間どうしの比較的小さなグループに分化していった時期でしょうか。辛島さんの活動も、この年は「Eternal-One」というカバーアルバムのリリースにとどまり、コンサートも規模が縮小されていった時期。

テレビドラマは、NHKの大河ドラマ「北条時宗」を見ていたのと連続テレビ小説「ちゅらさん」にちょっと注目していた(のちに再放送でちゃんと見た)くらいで、1990年代にさんざん見ていた民放ドラマはまったくといっていいほど見なくなった時期。

今とは違って、趣味にかける比重がかなり少なかった2001年8月でした。

                    ☆

その後、あまりにも色々な出来事を経て迎えた10年後の8月。果たしてどんな日々が待っているのでしょうか。




2011年のゴールデンウィーク

今年2011年のゴールデンウィーク(NHK的には「大型連休」)は一人旅をしました。当初は5泊6日の予定でしたが、延長して最終的には7泊8日の長旅となりました。

きっかけは、4月30日にPerfumeが大阪城ホールで行われる「REQUESTAGE 9」というFM802(大阪のラジオ局)主催のイベントに出演すると知り、それに参加しようとチケットを取ったこと。

さらに、関西在住のTwitterのPerfumeクラスタの方が中心となって、クラブでPerfumeの音楽をみんなで楽しむ「はちゃコレ」というイベントが企画され、それが「REQUESTAGE 9」前日の4月29日に行われることになったこと。

ここまでは「大阪往復」の旅の予定でしたが、4月に入って飛び込んできたのが「Perfumeが『ひろしまフラワーフェスティバル』にゲスト出演」のニュース。日程は5月3日。これはもう、大阪からまっすぐ広島に行くっきゃないでしょう、ということで、最終的には「広島往復」の乗車券を片手に1週間の旅に出ることになりました。

                    ☆

4月29日に自宅を出て、新幹線で大阪へ。その日は上述の「はちゃコレ」とその二次会(飲み会)。今まで面識もなく、フォローもしていなかった人にたくさん会いました。その日は大阪泊。

4月30日、大阪城ホールで「REQUESTAGE 9」。右端の方でしたが、ほぼ最前列で見ることができました。イベント自体も楽しめましたし、久しぶりのPerfumeのライブにも満足しました。この日もパフュクラ(Perfumeクラスタ)のオフ会がありましたが、たぶん体がもたないだろうと思い参加は見送りました。この日も大阪泊。

5月1日。この日だけ、大阪~広島間のどこに泊まるか決めておらず、旅に出る直前に姫路に泊ることにしました。あまり深い意味はなく、よく使うホテルチェーンが駅前に最近オープンして格安価格になっていたのが決め手になりました。29日、30日とかなり体力を使ったので、この日はチェックアウトぎりぎりまで大阪の宿にいて、午後から移動。新快速で姫路へ行き、すぐにホテルにチェックイン。明るいうちに洗濯をして、温泉大浴場でゆっくりしました。

5月2日、午前中は最近オープンしたという「モノレール展示室」という所に行き、かつて走っていた「姫路モノレール」の展示を見たり、姫路城に行ったりしました(現在修復工事中ですが)。午後、新幹線で姫路から広島へ。ホテルにチェックインしたあと、翌日Perfumeが立つ平和記念公園の特設ステージを下見しました。

5月3日、「ひろしまフラワーフェスティバル」開幕。午前中は部屋でのんびりして、午後からお祭り会場の平和大通りへ。メインイベントであるパレードを見たり、屋台の食べ物を楽しんだりしました。午後4時から4時30分まで、Perfumeのステージ。私のいる位置はステージからかなり離れていたので、MCの声がよく聞きとれず、3人の表情もまったくわかりませんでしたが、その場の空気を感じることができて私にとっては十分満足できるものでした。夜は、パフュクラの方々とオフ会。ここでも今まで知らなかった方にたくさん会いました。

5月4日。本当はこの日帰る予定でしたが、「祭のあと」の虚脱感がひどく、ゆるやかに日常生活に着地するため旅行の日程を延長することにしました。広島市内はフラワーフェスティバルのため宿はほとんど埋まっていたので、福山に泊ることにしました。広島から普通列車を乗り継いで福山に向かいましたが、急に尾道で途中下車することにして、3月まで放送していた連続テレビ小説「てっぱん」ゆかりの地めぐりなんぞをしてみました。福山には夕方到着。ここは去年、辛島さん出演のコンサートとPerfumeのっちの故郷探訪の二つの目的で訪れているので、何もしないで過ごす予定でしたが、たまたまパフュクラのNさんも福山に泊るということで、夜は居酒屋でPerfume談議に花を咲かせました。

5月5日。福山では「ナッシュカリーアメリカン」のカレーは絶対食べたいと思っていました。午前中ちょっと散歩したあと駅前のサウナで3時間ほど過ごし、「ナッシュカリーアメリカン」で遅い昼食。夕方、普通列車で岡山に向かいました。最終日は夜も外に繰り出すことはせず、ホテル内の居酒屋で夕食を済ませました。

5月6日。岡山では観光はせず、朝9時台の新幹線でまっすぐ東京に向かいました。

                    ☆

また旅行記やライブレポなど、できたらアップしたいと思います。




松の内

まつのうち【松の内】

▼正月の門松・松飾りを立てておく間。元日から七日までの称。古く上方では正月一五日までをいった。しめのうち。[精選版・日本国語大辞典]

▼the first seven days of the New Year; the New Year Week [holidays].[新和英大辞典]

                    ☆

今日7日で松の内も終わり、正月明けということになりますね。前記事にも書きましたが、今年は札幌には帰らなかったので、かなりのんびりした年末年始でした。

うちは共働きということもあり、おせちはカミさんが三越で注文してくれました。鰹節でおなじみの「にんべん」の二段重ねおせちです。
101231_01おせち

30代後半から、おせち料理が好きになりました。それまでは「あるから食べる」という感じだったのですが、年末年始には欠かせない食べ物と感じるようになりました。歳をとったということでしょうか。

埼玉で迎える正月、カミさんも関東の人間ですが、北海道式に合わせて、大晦日の夜におせちを開けてくれました。紅白を見ながらたらたらたらたらとおせちを食べるのが、大晦日は一番落ち着きます。

年越し蕎麦は夜11時すぎ。私の実家と同じ海老天そば。

                    ☆

明けて元日の昼はお雑煮。なぜかカミさんは丸いお餅を用意していました。西日本でもないのに。私は丸餅の雑煮は初めて食べました。すまし汁で中身は鶏肉、かまぼこ、みつばなどの関東風。
110101_03雑煮
                    ☆

2日から3日にかけて、千葉県にあるカミさんの実家で過ごしました。初日は義弟の家族も来ていて、小3と幼稚園年長の姉妹がにぎやかでした(数年前はもっとにぎやかでしたが(^_^;))。

翌3日の午後、歩いてすぐのところにある布施弁天に義父母とカミさんと4人で初詣に行きました。そこで私だけがおみくじを引いたのですが、結果はなんと「凶」。凶なんて初めてかも?と思いつつ中身を読むと、

●願事・・・叶わず。
●待人・・・来らず。

といった具合で全否定(笑)。非常に潔い。

                    ☆

今年は6日(木)が仕事はじめでした。勤務先(杉並校舎)の前には大きな門松が!
110106_01杉並門松

そして今日7日、相模原校舎に行くと、杉並よりはかなり小ぶりな(笑)門松が飾られていました。
110107_01相模原門松

昨日今日と割といい気分。今年2011年が始動しました。




2011年になりました

年明け最初の投稿です。

旧年中はたくさんの方々に大変お世話になりました。深く感謝申し上げます。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

                    ☆

さて、1年前、2010年の幕開けにはいろいろとたいそうな抱負を述べました。しかし、そこに書いたことをほとんど何一つ実現できないまま、やっとの思いで一年を駆け抜けたというのが正直なところです。

今年ですが、4月から1年間病気休職をさせていただくべく申請を出しております。実は、3年余り前からうつ病を患い、心療内科で週一回、診察とカウンセリングを受けています。病気が原因で大学でも迷惑をかけてしまっていること、病気の原因の一つが職場のストレスによるものと考えられることから、医師とも相談し、休職してしばらく職場から離れることにしました。

そんなわけで、今年はとにかく、病気の原因となっているもろもろの事柄を取り除き、体調を整えることを第一に考えたいと思います。そのうえで、好きな研究に時間を割き、趣味の旅行やライブも楽しめればいいなと思っています(休職にともない給与ががくんと減るので、今までのようにはいかないかもしれませんが)。

あと、昨年はこのブログの更新がかなり滞ってしまいました。一昨年のようにブログに夢中になっていた時期を過ぎたことと、昨年はTwitterにのめりこんでそちらに時間と気持ちが取られたことが原因です。そのため、なかなかタイムリーに記事をアップできず、実は昨年夏以来の書きかけ記事がまだ沢山残っていたりもします。とりあえず、1月中はup-to-dateな記事と並行して、お蔵入り寸前のout-of-dateな記事もアップして行こうと思います。

                    ☆

この年末年始は札幌には帰りませんでした。両親からも「無理して帰ってこなくていいから」と言われており、夫婦ともども疲労がたまっていたこともあり、見送ることにしました。私にとっては、19年ぶりに関東で迎える正月。(ちなみに前回は修士論文を仕上げるために東京の下宿で年を越したとき。)川口で迎える正月は居住11年目にして初めてです。

大晦日の晩からテレビを見たりネットを巡回したりしているうちに元日の朝になり、いっそ初日の出を拝もうと、外に出ました。日の出は6時50分ごろだったと思いますが、空は明るくなってきているのに、周りの高い建物に阻まれてお日様が見えません。(以下、☆印はTwitterでのつぶやきから。)

☆自宅前の公園のベンチで缶コーヒーを握りしめながら初日の出を待つ。マンションが多いからお日様が見られるまでもう少し時間がかかりそう…寒っ。
posted at 06:51:36

☆寒いのでこちらからお日様に会いに駅前のペデストリアンデッキまで来たが、ビルに阻まれて見えない…。
posted at 07:01:35

☆もう日が出ているのは確かなんだが。
posted at 07:04:40
110101_01初日の出1

駅前からさらにお日様の方向(南東方向)に向かうべく、川口本町通りを歩き始めました。

☆お日様に向かって歩いているが、なかなか会えない。早く、早く、君に会いたい♪
posted at 07:15:59

そして、岩槻街道まで来て歩道橋を上ると、ついに!

☆やっとお日様に会えた!@川口市本町中央歩道橋。会いたかったー♪
posted at 07:25:52
110101_02初日の出2

ビルとビルのすき間からやっとの思いで見えたお日様がなぜだか愛おしく、しばらくその場で眺めていました。そして、今年は「感謝の心を忘れずに」をモットーに生きようという気持ちが自然と沸き起こってきました。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。