スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美大生ならではの英語の取り組み方などありますか?」

「ザ・インタビューズ」での回答を再掲載します。

                    ☆

----美大生ならではの英語の取り組み方などありますか?


「美大生ならでは」ですか。そうですね、美大生だからといって特別な勉強法があるわけではありませんが、美大生ならではの強みを英語学習に活かすことはできそうです。

私が美術大学で教えていて思うのは、美大生はやはり概念を「映像(イメージ)」でとらえるのが上手だということです。逆に、言語だけで構築された世界は苦手な人が多いような印象を受けます。もちろん、大学の教員としては、美大生にも言語だけで構築された世界を泳げるようになってほしいのですが、とりあえず、英語学習という点では「概念を映像でとらえる」という得意な部分を活かしてみましょう。

例えば、単語の意味を覚えるとき、日本語の訳で覚えている人は多いと思います。簡単な単語ならいいのですが、微妙な意味合いを持っている単語が英語にはたくさんあって、日本語の訳で覚えるのはけっこう大変です。

そこで、「概念を映像でとらえる」という得意技を使ってみましょう。つまり、単語を覚えるときに、辞書に書いてある日本語の訳をそのまま覚えるのではなく、頭の中でイメージとしてとらえて、そのイメージを英単語と結び付けるのです。

英語に「glitter」という単語があります。「ぴかぴか光る、きらきら輝く、きらめく」といった訳が辞書には出ていますが、頭の中でそれをイメージにして、「glitter」の音と頭の中のイメージを直接結び付けてみてください。1回ではうまく結び付かないかもしれません。何度も「glitter」とつぶやきながらイメージしましょう。「グリッター」と聞こえたら自然と頭の中がキラキラするような気になればしめたものです。この方法だと「日本語に訳しなさい」と言われたときにすぐに日本語の訳が出てこないかもしれませんが、頭の中に沸き起こったイメージを自分の日本語にすればいいのです。

単語や文を単語帳やノートに書いて覚えるときも、いっそのこと日本語の訳ではなく、自分でその単語や文の意味を表す絵を描いてみてはどうでしょうか。勉強も少しは楽しくなるかもしれません。

もし英文法をおさらいする機会があったら、ぜひイメージでとらえて欲しいと思います。これは美大生だけではなく、どんな英語学習者にも必要なことなのですが、美大生はむしろ他の人よりもこの点では有利かもしれません。ここでは詳しく説明できませんが、例えば現在完了を「完了、結果、経験、継続」という分類を表すレッテルで覚えるのではなく、具体的にどんなイメージを持っているのかを考えてみる(分からなかったら英語の得意な人に聞いてみる)といいと思います。

このほかに、これは美大生に限ったことではありませんが、自分の専門分野の話を英語で言えるようにしておくことをおすすめします(最低限、自分が美大で学んでいることを紹介する英語を考えて覚えておくといいでしょう)。海外へ出た時、あるいは海外から来た人が美術関係に詳しい人だった時、きっと話がはずむと思います。

美大生の中には英語にコンプレックスを抱いている人もけっこういますが、私がこれまで教えてきた経験から言うと、美大生はむしろ外国語学習に向いていると思います。それは、美大生は「何かを表現する」ことに対する意識が非常に高いからです。表現する中身がないと、外国語学習はつまらないものになります。ぜひ、「何かを表現するために英語を学ぶ」という気持ちで取り組んでみてください。

johnlennongamitanihon.jpg
ジョン・レノンが、絵とローマ字を使って日本語を学んだスケッチブックを本にしたもの。




スポンサーサイト

大学時代の英語学習の思い出

ここ数年、目の前の仕事にかまけて、まともに英語の勉強をしていません。そんな自分がいやで、今年は研究・教育とは別に自らの英語力を高める勉強にも力を注ぎたいと思っています。

幸いにも、twitterで交流させていただいている方の中に、英語学習に熱心に取り組んでいる方や、自己研鑚を積みながら英会話を教えていらっしゃる方などがたくさんいらっしゃるので、そういった方々の「つぶやき」を励みにしていきたいと思います。(正直なところ、現在の環境では、そういう励みになる状況が生まれにくいので・・・。)

さて、そんな英語関係者の方から、「寝る間もなく勉強していた頃」の話題が出されました。それに対する私からのリプライ。

                    ☆

2010.03.09(火)

☆私は大学1年が人生で一番勉強した時。でないとついていけなかった。
posted at 03:22:20

☆@***** 1年の4月からトマス・ピンチョンの「Secret Integration」という難解な小説を読まされました。米文学の人に言うと驚かれます。あとネイティブ用のボキャビルやらされたり。専攻の授業の前の日はほとんど徹夜していたような気がします。
posted at 03:35:59

大学1年の時の米文学の志村先生の授業は、1段落くらいずつ内容を日本語で説明するというもの。あいまいな所は容赦なく先生からの突っ込みが入る。学生の方は、分からないことがあれば先生に質問する、質問がなければ次に進む。シンプルだけど毎回が真剣勝負でした。

トマス・ピンチョンの Secret Integration という小説を、高校を出たばかりの1年生に読ませるというのは、かなり大胆なことらしい・・・ということは、大学を出て、英米文学関係の方と話しているうちに分かってきました。高校までは、辞書をちゃんと引けば正しい解釈にたどりつけるはず、と思っていましたが、辞書を引きまくっても容易にはわからない英文というものもある、ということを知りました。高校時代は英語に関してはトップクラスの成績を誇っていた人たちも、皆が苦しみました。「自分たちはまだまだなんだ」ということを無言のうちに教わりました。

いっぽう、英文学の河野先生の授業は、講読ではなく 30 Days to More Powerful Vocabulary とかいう、ネイティブ(アメリカ人)向けのボキャビルの本を使って、語彙を増やすというもの。授業の様子はよく覚えていませんが、ポイントとなる英単語を覚える以前に、地の文を読むのですらひいひい言っていました。こちらも、高校を出たばかりの学生にはしんどかった。

当時、大学近辺に下宿している友人たちは、テスト前などに集まって一緒に勉強してたみたいです。そこでまとめられた“単語集”のコピーが回ってきたりして、「みんなで頑張って単位を取ろう!」という気運がありました。懐かしい青春時代の思い出の一コマです。

                    ☆

☆ずっとあのペースで勉強し続けていたら、今頃、日本有数の英語使いになっていたと思う。実際同期にそういうのがごろごろいる。私は怠け者なので、落伍してしまった。
posted at 03:39:38

後悔先に立たず。

                    ☆

私の出身大学の後輩にあたる方とのtwitterでのやりとり。大学に入って新しい言語を始める語科の学生も大変だけれども、英米科もつらかったという話。

☆@***** つらいですよ。自分よりロシア科の奴の方が英語できたり、他学科の帰国子女の子の方が話せたり。1年の終わりごろには、英米科(当時の略称)に自分がいる意味って何?って、かなり本気で悩みました。
posted at 03:45:36

専攻語も英語もよく出来る人というのはいるもので、そうなると英米科の人間の立場は・・・?となるんですよね。模範解答は「他学科の英語が出来る人より、もっと英語ができるようになること」なんでしょうが、現実は厳しく(語学は一朝一夕にできるようになるわけではありませんからね)。

                    ☆

学部2年で学んだ音声学が面白く、もっと音声学を勉強したいと思うようになりました。しかし、自分の実力を考えるととても大学院に行こうなどとは口には出せず。が、そんな状況に変化のきざしが。

☆@***** 3年の秋ぐらいですかね。先述の難解な小説を読ませた米文学の先生の演習をとって、その飲み会でOB(院生や院を出た人)の話を聞いて、自分は研究者になりたい、と強く思いました(分野は違いますが)。
posted at 04:27:39

それでも、相変わらず英語力に関する劣等感はぬぐえずにいました。そのため、「英語力が人並みになるまで」ということで、大学院を受験する前に、学部4年生を自主的に2回やることにしました。2度目の4年生の学年末試験、河野先生の講読の授業の試験は、めちゃめちゃ勉強して臨みました。結果はかなりの高得点。「どこに出ても恥ずかしくない英語力です」との先生のコメント。先生のリップサービスとは分かっていますが、あれは嬉しかった。在学中に後にも先にも、先生に実力で褒められたのはあのとき限りです。

そこからは少しだけ自信がついて、というか、ある種の壁を乗り越えたというか、少なくとも原書を読むことに関しては、「英語を学ぶ」から「英語を使う」に移行できました。

                    ☆

あれから20年。あの頃の情熱を思い出して、錆びついた英語力を磨きあげたいと思います。長らく忘れかけていましたが、語学の勉強そのものが、基本的には好きなのです。




2010年の抱負(1) 英語学習

2010年は、「計画的に、無理をせず、めいっぱい楽しむ」をモットーにすることとしましたが、具体的な抱負をちょっと考えてみました。

まずは、「英語学習」。教育ではなくて学習。自分が学ぶ方です。

大学の専任教員になって、この3月でちょうど15年を迎えます。その間に、私自身の英語力は向上するというよりも、むしろ下降線をたどってきたように思います。それなりの英語力があれば、授業はできますし、今の環境では「英語がよくできる先生」で通ってしまいます。私が若き頃目指していた「極めて高度な英語力」など必要ないのです。そんな状況に甘えて、ずいぶんと長い間、英語力そのものをアップすることを怠ってきました。

しかし、それではいつまでたっても、自信を持って「大学で英語を教えています」「英語音声学が専門です」とは言えないような気がずっとして来ました。本来好きだった「英語」が、自分にとって重荷のようになっていたのです。

そこで! 決めました。今年は、英語力アップのため、自覚的に英語学習に取り組みます。もともと好きなはずの英語学習ですから、「めいっぱい楽しむ」の精神で、思いっきり英語学習を楽しもうと思います。

具体的には、まず、これまでなんとなく避けてきた、検定試験のたぐいに挑戦したいと思います。思えば、TOEICを受けたのは大学院生の頃が最後、TOEFLは受けたことがなく(留学しなかったので)、英検に至っては、大学4年の時に3回続けて1級を落ちて以後、受験していないので、級をとったことがありません。英検準1級よりも自分の学歴の方が世間的評価は高いと聞いたので、1級より下の級は受けていないのです。

それから、若いころにそうしていたように、計画的な英語学習をしたいと思います。自分の専門以外の原書を読むとか、映画やドキュメンタリーを定期的に見るとか。なんとなく、ではなく計画的に。

さらに、めちゃくちゃ英語ができる人に、なるべく接すること。幸い、私が出た大学は、語学の秀才がごろごろいたところ(私は落ちこぼれでした)なので、先輩方にも同級生にも後輩たちにも、ものすごい英語力の持ち主が、掃いて捨てるほどいます。そういう人たちと接して、自分を奮い立たせたいと思います。あと、最近始めたTwitterでも、英語がすごく出来る方が多いので、そういう人たちの「つぶやき」も発奮材料にしたいと思います。

自分のような経歴、肩書を持ちながら、こういうことを書くのは、実に恥ずべきことなのですが、決意表明として、あえて書きました。




o'clock

中学校で o'clock という単語を習ったとき、この語形に異様な感じを受けたことを覚えています。o' って???

答えは「of the clock が略されたのが o'clock」なのですが、o'clock =「~時(じ)」とされることが多いので、誤って使う人が少なくありません。

o'clock というのは、そもそも「時計の」という意味で、five o'clock は「時計の5」つまり「5時」という意味になります。

そんなこともあって、o'clock は

  (1) ちょうどの時刻(「5時00分」など)にしか使わない。
  (2) a.m. や p.m. と一緒には使わない。

のです。たいていの学習用英和辞典にはこのことが注意事項として記されています。

したがって、

  5:00 p.m. は "five p.m." であって "five o'clock p.m." とは読まない。
  2:30 a.m. は "two thirty a.m." であって "two o'clock thirty a.m." とは読まない。

ということになります。

a.m. や p.m. を数字の前に付けるという誤りも時折見かけますが、お店の看板などでは減ってきたような気がします。近所の「サイゼリア」では「11:00 am - 2:00 深夜」のような表示を見ました(日本語の方がちょっと変)。



大正時代の英和辞典で訳語を見ると

『袖珍(しゅうちん)コンサイス英和辞典』という、大正11年刊の辞書があります。昨秋、英語の発音表記に関する論文を書くときに、ちょこっと引き合いに出したので、書誌情報を確認しようと久しぶりに手に取りました。

と言っても、当時のものではなく、2001年に三省堂創業120周年記念で復刻されたもの。
「袖珍」というのはポケットという意味で、サイズは現在の『デイリーコンサイス英和辞典』に近いでしょうか。IPA(国際音声記号)で発音表記を行った我が国最初の辞書だそうで、扉には誇らしげに「萬國音標文字附」とあります。

書誌情報を見るだけのつもりが、中身をパラパラとめくると、訳語が実に面白い。いや、面白いのはわかっていましたが、次々と新たな発見が。たとえば

butter は「ばた, 牛酪, 乳油」

jam は「じゃむ, 果膏」

jelly は「じぇりー [果物又肉類ノ汁ヲ砂糖ヲ以テ煮凝ラセルモノ]」

marmalade は「果糕(クワカウ) [果肉ヲ砂糖煮ニシタルモノ]」

salad は「生菜(ナマナ) [さらだノ料タルチサ(苣萵)ナド]; 生菜料理, さらだ」

※「ちさ」の字を出すために辞書で確かめましたが、正しくは「萵苣」らしいです。レタスやサラダ菜の類です。

今回、極めつけだったのはこちら。

macaroni





か、か、か、かんじょううどん!




「マカロニ」を知らない当時の人々はどんな食べ物を想像したのでしょうか。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。