スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のっちの地~福山訪問記(その5)

「のっちの地~福山訪問記(その4)」の続き、完結編です。

ライブの一人遠征のときは、一人居酒屋で一杯やるのが通例。リーデンローズから駅前に戻り、今朝「橘高なつ」に行くときに曲がった角にあった居酒屋に行ってみました。「人情酒場 松屋」という店。
100625_79飲み屋店舗

つけ出しが穴子天ぷら。(穴子と言えばのっちの好物じゃないか。)
100625_74飲み屋1

おすすめメニューに見慣れないものがあったので頼みました。チイチイイカの刺身。みずみずしいというか、さっぱりしながらもコクのある味でした。
100625_75飲み屋2

シャコ酢。そう言えば寿司ネタ以外でシャコを食べるのは初めてかもしれません。
100625_76飲み屋3

土手焼き。経営者が大阪の人ということで土手焼きがあるとお店のお兄さんが教えてくれました。
100625_77飲み屋4

このほかに焼鳥盛り合わせを注文。お店のお兄さんは地元の人だそうで、ちょっと話をしました。言葉の面では広島市とはかなり違う備後弁であること(実際、町を歩いていても広島市近辺の言葉と比べるとかなり柔らかい印象を受けました)。広島市まで行くとなるとちょっとした旅行気分になるということ(のっちも新幹線でアクターズスクールに通っていたんだよなあ)。

しめに地玉子かけご飯を注文(もみじたまごというネーミングに興味を覚え)。
100625_78飲み屋5

すっかり満腹になりました。

                    ☆

6月26日(日)

この日は、国立国語研究所で音声学会の例会があるので、朝早く出ました。7:43発のひかりレールスター542号で岡山へ。
100626_01福山駅改札

100626_02福山駅ホーム

レールスターの車両は新大阪などで見たことがありますが、乗るのは初めて。
100626_03ひかりレールスター1

100626_04ひかりレールスター2

8:00岡山駅到着。8:14ののぞみ4号に乗り換え。
100626_06岡山駅2

100626_05岡山駅1

100626_07切符1  100626_08切符2

100626_09切符3  100626_10切符4

11:14新横浜着。横浜線と中央線を乗り継いで立川に向かいました。



「のっちの地~福山訪問記」 完。




スポンサーサイト

のっちの地~福山訪問記(その4)

「のっちの地~福山訪問記(その3)」の続きです。

少しは観光らしいことも・・・福山まで来てお城に行かないのもなんだなあと思い、福山城へ向かいました。

福山城は、福山駅(北口)のすぐそばにあり、南口からでもよく見えます。
100625_69福山城5

本当に駅の目の前。
100625_57福山城1

100625_58福山城説明板

中に入って天守閣まで登りました。途中、武具などが展示してありました。
100625_59福山城2

100625_60福山城3

天守閣からの眺め。福山駅から南方向。
100625_61天守閣から1

中心街を望む。
100625_62天守閣から2

なかなかいい形のお城です。
100625_63福山城4

お城の近辺には数多くの博物館等があって、この都市の文化的な側面を見せているのですが、今回は時間の関係でどこにも立ち寄りませんでした。今度、近辺の鞆の浦も含めて本格的な観光をしに来ることがあれば博物館めぐりをしてみたいものです。

                    ☆

午後5時、夕食には少し早いものの、ライブの前に腹ごしらえをと思い、ナッシュカリーアメリカンの天満屋店に行きました。のっちが行っていたとかいう入船店は「舶来亭」という洋食屋(この日昼行きました)に変わってしまいましたが、こちらは健在です。
100625_68ナッシュカレー店舗2

100625_67ナッシュカレー店舗1

昼食をとった「舶来亭」と同じく、麦茶がピッチャーで出てきたので、同系列のお店なのかもしれません。
100625_64ナッシュカレー1

初めて行く店なのでベーシックなメニューということで、「ナッシュカレー」を注文。「なすび、しめじ、ほうれん草、チンゲン菜、ベーコン入りの野菜たっぷりヘルシーカレー」だそうです。
100625_65ナッシュカレーメニュー

100625_66ナッシュカレー2

辛さを調節できるので、少し辛めにしてもらいましたが、けっこう「複雑なお味※」で満足できました。もし福山か倉敷に住んでいたら週1で通って全メニュー制覇したいくらいです。

※「複雑なお味」・・・NHK「MUSIC JAPAN」(2010.7.4放送)でのっちが天むすの味を評した一言。ゲストのベッキーにたしなめられていました。

                    ☆

ライブ会場のリーデンローズまで、徒歩でも行けますが(実際、昼はあちこち寄りながら歩いて行きました)すでにかなり歩いていたので、市内循環バスの「まわローズ」で行きました。
100625_70まわローズ1

100625_71まわローズ2

※ライブレポートは別途アップする予定です。



「のっちの地~福山訪問記(その5)」へ続く。




のっちの地~福山訪問記(その3)

「のっちの地~福山訪問記(その2)」の続きです。

福山市はバラの町で、市内の3つの公園でもバラを見ることができます。ただ、私が行った時は時期を過ぎていたので、わずかに咲き残っているものしか見ることができませんでした。これらの公園のどこかでPerfumeもイベント出演したことがあるようです。

「リーデンローズ」を下見したあと、その名も「ばら公園」に向かいました。目に入ったのが、市内循環バス(コミュニティバス)、その名も「まわローズ」のバス停。どこまでもバラへのこだわりが感じられます。
100625_35まわローズバス停

ばら公園。やはり時期外れでちょっぴり寂しい。
100625_38ばら公園

こんな記念碑がありました。この公園が「ばらのまち」の原点だそうです。
100625_36記念碑1

100625_37記念碑2

                    ☆

続いてはここからほど近い緑町公園へ。
100625_40緑町公園2

ここは、防災公園にもなっているそうで、広大です。
100625_39緑町公園1

バラの季節にはさぞかし壮観なことでしょう。
100625_41緑町公園3

イベントをするのによさげなステージがありました。ここでPerfumeのライブを見てみたい・・・としばし妄想にふけってしまいました。
100625_42緑町公園4

小ぢんまりとした日本庭園もありました。
100625_43緑町公園5

路面には「ばらシンボルマーク」が。
100625_44ばらシンボルマーク

                    ☆

福山駅方面から歩いて市街地から遠ざかりながら緑町公園までやってきましたが、今度は、市街地方向へ引き返し、中央公園へ向かいました。ほんのちょっと道に迷って到着。
100625_45中央公園

公園の時計にも「ばらのまち福山」。もう一つの時計にはバラの模様が。
100625_48時計1  100625_49時計2

中央公園には図書館を含んだ文化複合施設があるのですが、
100625_47ローズコム2

その名前が「まなびの館 ローズコム」。
100625_46ローズコム1

ちなみに、緑町公園にあった体育施設は「ローズアリーナ」でした。

公園の看板をよく見ると、福山市そのもののシンボルマークが、さっき緑町公園の路面で見た「ばらシンボルマーク」でした。
100625_50福山市

                    ☆

これは市役所も見てみようと、行ってみました。
100625_56市役所3

100625_54市役所1

・・・やはりありました。「ばらシンボルマーク」。
100625_55市役所2

5時間歩いて、福山市がバラに強力にこだわっていることがよくわかりました。



「のっちの地~福山訪問記(その4)」に続く。




のっちの地~福山訪問記(その2)

「のっちの地~福山訪問記(その1)」の続きです。

午前11時。床屋を出ると、雨が降り始めていました。続いて向かったのは、ここからほど近い「トライアングル広場」。

ネット上の情報によれば、2006年(メジャーデビューの翌年)にPerfumeが福山夏祭りのイベントに出演したのが、「元町トライアングル広場南ウエストパーク・ステージ」とのこと。このイベントはPerfumeファンには「三大アウェー戦」として知られているものの一つで、のっちの故郷であるにも関わらず、お客さんが全然盛り上がっていない様子が動画として残っています(ステージ後方の幕が永谷園のお茶漬け海苔を想起させるので通称「永谷園」と呼ばれています)。

そんなわけで、行ってみました。「トライアングル広場」。三角形の小さな公園のような所で、中に福山神社があります。
100625_17トライアングル広場1

100625_18トライアングル広場2

絵馬を掛ける棚があり、見てみると、Perfumeファンの方が掛けた絵馬があって和みました。

ここの南側(下の写真の大鳥居の右側)が「ウエストパーク」という名前の駐車場になっていました。2006年当時はここが空き地でここにステージが設けられたのかな?と推測しましたがどうでしょうか。
100625_19トライアングル広場3

                    ☆

11時20分。トライアングル広場から雨の中、入船町の方向に歩き始めました。20分後、到着したのは「舶来亭」という洋食屋さん。ここは少し前まで、ナッシュカリーアメリカンというカレー屋さんの入船店だった場所です(今でもナッシュカリーのロゴを消した跡が残っています)。そこにはカレーライス好きののっちが行っていたとの噂。ここで昼食をとることにしました。
100625_23舶来亭

「もち豚ジンジャーソテー」(900円)を注文。サラダはカウンターから好きなものを取れるシステム。
100625_24昼食1

満足できる味でした。
100625_25昼食2

この店はお冷(麦茶)がピッチャーで出てくるので、私のように食事中に頻繁に水分補給をする者にはありがたい限り。このほかに、食後のドリンクが付きました。
100625_26昼食3

                    ☆

12時30分ごろ、舶来亭を出て、ここからほど近い「ポートプラザ」というショッピングセンターへ。ここはイトーヨーカドーと天満屋の2つの店舗でできています。イトーヨーカドーではPerfumeがインストアイベントをやったこともあるそうです(中にCDショップの新星堂があるので、そのためでしょうか)。
100625_27イトーヨーカドー1  100625_28イトーヨーカドー2

                    ☆

このエリアと隣接する所に、今夜の「アラウンド40コンサート」が行われる「リーデンローズ」(ふくやま芸術文化ホール)があるので、下見に行きました。

路面には大きなバラの絵が。
100625_29バラのマーク

リーデンローズは "Reed & Rose" だそうで、訳すと「葦とバラ」。ウィキペディアによれば「福山を流れる芦田川から取った葦と福山市の花に指定されているバラ」が由来だそうです。なかなか重厚な雰囲気のつくりのホールです。
100625_30リーデンローズへ

100625_31リーデンローズ入口

ペデストリアンデッキから地表に降りると、今夜のコンサートのこんな大きな垂れ幕がありました。ちょっとびっくり。
100625_32垂れ幕

ここから歩いて、今度は福山市内の3ヶ所の公園を訪ねることにします。

途中見かけた民家の軒先の見事なあじさい。
100625_33あじさい

「天使幼稚園」。Perfumeファンだったら反応してしまうでしょう(ネタ的にはあ~ちゃんネタですが)。
100625_34天使幼稚園



「のっちの地~福山訪問記(その3)」に続く。




のっちの地~福山訪問記(その1)

6月24日(金)から26日(日)にかけて、広島県福山市を訪問しました。目的の一つは、25日にこの地で行われた辛島美登里さん出演の「アラウンド40コンサート」に行くことですが、わざわざここまで「遠征」に来たのは、この地が私が大好きなPerfumeののっち(大本彩乃さん)の出身地であることがきっかけでした。

※タイトルの「のっちの地」とは、Perfumeファンの間でのっちに心を奪われた状態を意味する「のっちのち」という言葉に「のっちの故郷」の意味をかけたものです。Twitter上で出てきた表記です。

コンサートレポートは別途記事にするとして、福山訪問記を何回かに分けてしたためたいと思います。

                    ☆

6月24日(金)

この日は、品川駅19:17発の「のぞみ119号」広島行で福山に向かいました。東日本の人間にはピンとこないのですが、福山は広島県第2の都市で、1時間に1本「のぞみ」も停車します。
100624_01品川駅  100624_02のぞみ

100624_06切符1  100624_07切符2

夕食は駅弁。「日本の味博覧」というのにしました。
100624_03弁当1

いろいろなおかずが入っているのが嬉しい。
100624_04弁当2

特に40代になってから、ビールを飲みながらこういう駅弁を食べるのが楽しみになりました。
100624_05弁当3

22:52福山到着。ついに来た、という感慨が。
100624_08福山駅ホーム

宿泊は駅の目の前の「福山と~ぶホテル」。「とーぶ」じゃなくて「と~ぶ」です。東武鉄道とは無関係だろうと思っていましたが、同じ建物に東武トラベルが入っていました(Wikipediaによれば、以前は東武ホテルチェーンだったものの現在は資本関係はないそうです)。
100624_09ホテル

けっこう年数の経ったホテルで、部屋も広くありませんが、居心地は悪くなさそう。机と椅子の位置がちょっとユニーク。
100624_10ホテル室内


                    ☆


6月25日(土)

この日の天気予報は雨。窓の外を見ると福山駅と再開発中の駅前が見渡せました。
100625_01福山駅1

100625_02福山駅前

ホテルでもらった観光マップに、ネット等で調べたのっちゆかりの場所を赤ペンで書き込みました。
100625_03地図

9時すぎにホテルを出ました。まずは福山駅。
100625_04福山駅2

再開発でできるらしいマンションの名前が「ローズタワー」。福山はバラの街とは聞いていましたが、こういうネーミングにも表れています(実はこんな程度ではないということを後から知ることになるのですが)。
100625_05ローズタワー

駅前のファッションビル「CASPA」。以前、テレビでPerfumeがポルノグラフィティと一緒に出ていたときに、因島出身のポルノグラフィティが、服を買いに福山の「CASPA」に行きよった、と言っていました。
100625_06CASPA.jpg

さて、まずはのっちが小学校4年生の時に通っていたというダンススタジオ「橘高なつ」に行ってみることにします。ここへは、2009年1月にNHKで放送された「Perfume 20歳の挑戦 ~Dream Fighter~」という番組でのっちが訪問しています。

駅前通りのCASPAとは反対側の歩道を歩いてすぐ、居酒屋のある角にさしかかります。番組では(当時はここは喫茶店になっていましたが)ここをのっちが曲がります。
100625_07道1  100625_08道2

隣の「玄人」というラーメン屋と「VENI VENI」という酒場?は健在です。
100625_09道3  100625_10道4

番組でのアングルで。この前をのっちが話をしながら歩いていきました。
100625_12道6  100625_13道7

さらに先へ。
100625_11道5  100625_14道8

ほどなく、スタジオ「橘高なつ」に着きました。
100625_15橘高なつ

のっちが通っていたのは長い期間ではないようですが、ある意味ここがスタートだったんだろうなと思うと、感慨深いものがあります。

感慨を胸に今来た道を引き返し、途中で見かけたいい感じの床屋さんに入って散髪してもらいました。
100625_16床屋



「のっちの地~福山訪問記(その2)」に続く。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。