スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成線の旅 2011.10.23

「旅」というほどのものではないのですが、かなり久しぶりに京成線に乗ったのでちょっと写真を撮ってみました。

10月23日(日)、千葉市美浜区のミハマニューポートでのフリーライブ(→「上野まな、花菜@千葉・ミハマニューポートリゾート 2011.10.23」)に行くため、京成線の日暮里駅から京成稲毛駅まで乗車しました。

まずは日暮里駅のJRと京成の乗り換え口。すっかり新しくなっていました。
111023a_01.jpg

以前は連絡改札を通って下(地上)のホームに降りていましたが、地上ホームは上り電車(上野行き)専用になっていて、下り電車は新たにできた高架ホームに発着します。
111023a_02.jpg

高架ホームは対面式の2面1線で、1番線はスカイライナー専用、2番線が一般電車というように分かれています。
111023a_03.jpg

北総線を延長する形で開通した成田空港への短絡線「成田空港アクセス鉄道経由」と区別するため、従来の津田沼・船橋経由は「京成本線経由」と表記されていました。

料金不要の特急・成田空港行きに乗車。京成津田沼駅で京成千葉線に乗り換えます。
111023a_04.jpg

千葉中央行きの電車が見慣れないカラー。
111023a_05.jpg

しかも、京成千葉線は津田沼が始発なのにすでに客が乗っていて、不思議に思って車内の路線図を見たら、松戸と津田沼を結ぶ「新京成線」の車両でした。一部路線が京成千葉線に直通運転しているのだそうです。知りませんでした。
111023a_06.jpg

ほどなく京成稲毛駅に到着。プラットホームの駅名標はたんに「稲毛」です。(これは京成津田沼など他の「京成○○」という名前の駅も同様。)
111023a_07.jpg

こんな感じの静かな駅でした。
111023a_08.jpg




スポンサーサイト

この夏も茨城にやってきました!...2011年夏

今年もひたち海浜公園で行われる「Rock in Japan Fes.」に参加すべく、茨城県にやってきました(今年で3年目)。

一昨年と昨年は日立に泊まったのですが、今年は運よく水戸の宿がとれました。

上野駅の特急ホーム。一昨年の「いばらきの夏」の垂れ幕が復活していました。今年は震災の被災地ともなったこともあってか「元気です!いばらきの夏」。
110804_01.jpg

ひたち海浜公園の写真も。
110804_02.jpg

見上げると昔から変わらぬ上野駅の二層構造。
110804_03.jpg

20:00発の特急スーパーひたち59号に乗車。
110804_04.jpg
110804_06.jpg

110804_07.jpg

同時刻に隣のホームから高崎線の「特急あかぎ3号」が発車します。
110804_05.jpg

しばらく並走。
110804_11.jpg110804_12.jpg

110804_13.jpg110804_14.jpg

110804_15r.jpg

お弁当は3年連続でお気に入りの「上野弁当」にしたかったのですが、残念ながら売り切れていたので「吹き寄せ弁当 なつ」というのにしました。
110804_08.jpg

おしながき、ほか。
110804_09.jpg110804_10.jpg

110804_16.jpg

最近はこういうおかずが充実した弁当が多くて嬉しい限りです。

                    ☆

常磐線名物、交流と直流の切り替えによる消灯。
110804_17.jpg
         ↓↓
110804_18.jpg
         ↓↓
110804_19.jpg

21:10 水戸駅着。
110804_20.jpg

水戸黄門まつりののぼりが!市長さんが「水戸黄門やめないで!」とTBSに訴える気持ちもわかります。

夜の水戸駅南口。
110804_21.jpg

ホテルは少し古い感じのビジネスホテル(ロビーと廊下に芳香剤の微かなカオリ)。
110804_22.jpg

大浴場があるのでゆっくりしてきました。

さて、明日はフェス。曇りのち雨の予報なので天気が心配ですが、行ってしまえばなんとでもなるでしょう。

おやすみなさい。

                    ☆

関連記事(一昨年と昨年の茨城訪問記)
 「日立泊」
 「茨城~大阪の旅 2010夏」




鶴見小野へ(LET全国大会) 2010.8

昨年(2010年)夏のことになりますが、JR鶴見線の鶴見小野駅を訪れる機会がありました。目的はLET(外国語教育メディア学会)の全国大会に出席することです。

ところどころ、Twitterでの発言(☆で表示)を織り交ぜて記します。

                    ☆

8月3日(火)
この日は、朝早く相模原校舎へ行って一仕事してから会場に向かいました。

☆一仕事終え、研究室から学会会場へ向かいます。何とか最初の発表に間に合いそうです。
posted at 10:59:51

☆小田急線~横浜線~京浜東北線~鶴見線という移動中。横浜線小机駅なう。
posted at 11:56:22

☆東神奈川駅で乗り換え。パフュNEX広告発見。
posted at 12:11:12

パフュNEX広告とは、当時いくつかの駅に掲出されていたPerfumeの「ペプシNEX」の大広告のことです。

まず京浜東北線で鶴見駅へ。
100803_01鶴見駅

鶴見線に乗り換えます。乗り換え口には改札が。鶴見線には無人駅があるからでしょうか。
100803_02改札

鶴見線にはずいぶん前に、乗ることだけを目的に来たことがあります。その時も乗り換え改札があったと思いますが、まだ自動改札ではなかったと思います。

前に乗った時は総武線のお下がり?の黄色い電車と、古いチョコレート色の電車が入り混じっていましたが、今ではステンレス車両になりました。
100803_03鶴見線3

☆車掌のアナウンスによると、国道駅は「く」にアクセント核。「極道」と同じアクセント。
posted at 12:23:48

鶴見小野駅に到着。
100803_04鶴見小野駅ホーム1

100803_05鶴見小野駅ホーム2

自動改札ではなく、カードリーダーが設置されています。
100803_06リーダー

100803_07鶴見小野駅外観

ちょうどお昼時だったので、駅前のお蕎麦屋さんに入りました。
100803_09そば屋  100803_08天ざる

                    ☆

会場に到着。
100803_11看板

この学会に入ってから数年が経って私の置かれた状況も変わり、かつてのように様々な授業実践を参考にして自分の授業に取り入れるという環境じゃないのですが、それでも何らかの知見は得られるだろうと思いやってきました。

会場は横浜サイエンスフロンティア高校という新しい県立高校。とても高校とは思えない立派な校舎です。
100803_10会場1

100803_12会場2

この大会では、茂木健一郎さんと峯松信明さんの講演と対談がありました。茂木さんは言わずと知れた脳科学者、峯松さんは音声学会などでも個人的に存じてあげいる、英語の音声教育に関心の高い音声工学者ということで、私にとってはなじみやすい講演でした(お二人の話術が巧みだということもありますが)。茂木さんのおっしゃることは(細かいところでは異論があるにせよ)大筋では納得できるものでした。途中から、会場校に通う高校生が聴衆の中にいると知るとヒートアップして、時代を担う若者へのメッセージ、のような展開になっていました。

☆LET全国大会1日目終了。東大の峯松さんと茂木健一郎さんの講演、対談が刺激的だった。ふだんは眠っている知的好奇心がむくむくと沸き上がり心の中で「夏ーーっ!」と叫んだ時、私の夏が始まった。
posted at 18:20:57

後半部分はPerfumeののっちが書いたブログの文章の流用です(笑)。

☆鶴見線がこの時間混んでいるのは当然か。幸運にも乗り換えた京浜東北線が鶴見始発で座れた。ここから自宅まで一直線。
posted at 18:26:43

                    ☆

8月4日(水)
この日は私の誕生日。ということは措くとして、2日目。

☆LETいらしてるんですね。カツカレー、明日食べてみます。 RT @*****: サイエンスフロンティアの学食のカツカレーが意外によかった。ウチの学食も見習いなさい!
posted at 15:19:23

これは明日食べねば!と思いました(笑)。

☆業者さんの話を聞くのもエネルギーが要るので私は今回は戦線離脱です(笑)。 RT @*****: 誰かツイッターやってる人が、なにかいいもの当たるかな RT @koba_atsu: @***** スタンプラリーの紙をもらいました。スタンプ5個で抽選できるそうです。
posted at 17:15:49

学会では業者さんによる教育機器や教材の展示が行われるのですが、それを5ヶ所まわると何か景品がもらえるというスタンプラリーが行われていました。

この日は懇親会がありましたが、私には珍しくパスしました。上にも書いたように、この学会との距離感が以前よりも広がってきていることもあり、ちょっと気重になっていたので。

                    ☆

学会はもう1日あったのですが、体調が思わしくなく欠席しました。

8月5日(木)
☆今日はLET全国大会の最終日、行けんかったー。とっても残念。横浜サイエンスフロンティア高校のカフェテリアのカツカレーが食べたかった(←そこかよ!)。
posted at 16:39:59



100803_13踏切




鉄道博物館に行きました(その2)

鉄道博物館に行きました(その1)」のつづきです。



機関車の転車台を回すというので見に行きました。
100124_24転車台1  100124_25転車台2



係員が解説し、機関車がゆっくりと回っていきます。
100124_26転車台3  100124_27転車台3

ぼーっと見てるだけでしたが、のーんびりした気分になりました。


                    ☆


続いては、最近公開が始まった「0系新幹線」のコーナーへ。この車両のための建物が設けられていました。
100124_28新幹線0系1

初期の頃は「方向幕」ではなく、在来線特急と同様の手書きのプレートだったんですね。驚きました。
100124_29新幹線0系2


                    ☆


本館に戻って、ちょっと前の国電車両。中央線ですね。
100124_14中央線電車

車内に当時の国鉄の広告が貼ってあるあたり、芸が細かい。東京地下駅(横須賀・総武線ホーム)のオープンは1972年だったでしょうか。当時、千葉県八千代市に住んでいて、総武快速線は“新総武線”と呼ばれていたことをうっすらと覚えています。父親の通勤経路が変更になったんじゃなかったろうか。
100124_32国電内広告2

100124_31国電内広告1

国電案内図。まだ武蔵野線がありません。国分寺から東京競馬場前へ行く支線が伸びています。他にも今と違う所があちこちに。南武線の一部区間に快速が走っていたというのは初めて知りました。
100124_30国電案内図


                    ☆


このあと、外に出て「中で飲食可」の車両に“乗って”しばし休憩。窓外には高崎線や埼京線が走っています。誰かが言ってましたが、展示の列車を見た後に実際に動いている電車を見ると「おお。」と感じてしまいます。それがいつも乗っている埼京線であったとしても。

さらに、“学習コーナー”のような展示もひととおり見ました。


                    ☆


すべて見終わったあと、屋上の展望台から本物の新幹線を。
100124_33新幹線1

100124_34新幹線2

午後1時過ぎに集まって、ひととおり見終わったら、すっかり夕刻になっていました。
100124_35鉄道博物館夕景


                    ☆


夜は大宮駅近くの居酒屋で飲み会でした。
100124_36飲み会




鉄道博物館に行きました(その1)

1月24日(日)

辛島系の友人たちと6人で、大宮にある鉄道博物館に行ってきました。例年行っている新年会の一環です。

私は前日パフュ系の飲み会があった札幌から、羽田経由で大宮へ直行しました。

大宮駅でニューシャトルという新交通システムに乗り換え。
100124_01ニューシャトル大宮駅

車両の長さの短いマッチ箱のような(夏目漱石みたいな表現(笑))電車でした。
100124_02ニューシャトル

隣駅が鉄道博物館駅。鉄道博物館ができる前は大成駅と言っていました。大成と書いて「おおなり」というのが意表をついています。
100124_03鉄道博物館駅

大成駅から鉄道博物館へは、この通路を歩いてすぐ。床をよく見ると、新幹線の時刻表になっています。
100124_04通路  100124_05通路床面

SUICA(PASMOなども)を持っている人は、カードから入場料が引き落とされる仕組み。“券売機”でカードに入場券が記録され、自動改札を通って入場します。

                    ☆

今回のメンバーの一人で、今日の幹事でもあるT氏は鉄道マニアでありかつ鉄道会社勤務というその道のプロ。彼もここに来るのは初めてなのだそうですが、いろいろと解説してくれました。解説してもらったあと説明板を見つけたら、まったく同じことが書いてあったりして。



鉄道雑誌などの写真でよく見る「特急富士」の展望車。実際に登ることができます。
100124_06特急富士



古い客車の車内。晩年、津軽鉄道で使われていたそうで、ダルマストーブがついています。このくらい古い客車は、私が学生の頃まだ国鉄を走っていました。札幌と函館を結ぶ普通列車というのが当時あって(昼行も夜行も)、こんな感じの客車でした。
100124_08古い客車2  100124_07古い客車1



蒸気機関車となると、さすがに小学校低学年の頃の記憶しかありません。富良野駅の陸橋の上からよくながめていました(1970年代前半のこと)。
100124_09蒸気機関車


                    ☆


こちらは御料車。文化財に指定されているため、ガラスで隔絶されています。万が一の際の消火システムも別系統になっているのだそうです。
100124_11一号御料車  100124_10二号御料車



北海道の開拓期の客車もありました。アメリカ風で、当時のものとしてはしゃれています。英語で "RAILWAY OF HOKKAIDO" とも書いてあります。横には大きく「開拓使」の文字が。
100124_12開拓使の客車


                    ☆


ぐっと時代は下って、見覚えのある車両が続きます。こちらは「寝台特急あさかぜ」。私が鉄道旅行をするようになった大学時代(1980年代後半)には、これよりも一代あとの客車だったと思います。(鉄道旅行好きではあっても鉄オタではないので、○○系とかわからず、中途半端な表現ですいません。)
100124_13寝台特急あさかぜ1  100124_17寝台特急あさかぜ2



「特急とき」。こういう車両も、最近ではホームライナーくらいでしか見かけなくなりましたね。
100124_15特急とき1  100124_16特急とき2



おお、これは・・・と思わず声を上げたこの電車。上野・仙台間を結んでいた「急行まつしま」です。私が大学1年の頃はまだ走っていて、一度だけ乗りました。東北新幹線の大宮~上野間が開通するとともに廃止されました。そういえば、東北新幹線が大宮どまりだった頃、大宮~上野間に「新幹線リレー号」という快速列車が走っていましたっけ。当時のことをいろいろと思いだします。
100124_18急行まつしま1  100124_19急行まつしま2



昔の上野駅のプラットホームが再現されています。1980年代前半まで使われていたのではないでしょうか。こういう表示板は新宿駅などで見かけた記憶があります。
100124_20出発案内1

上野駅のような大きなターミナル駅でも、こんな風に時刻と行先が書かれた板を掲出していたんですね。
100124_21出発案内2



T氏も「これはまたレアなものを」と苦笑した、「寝台特急エルム」のヘッドマークを付けた機関車。「エルム」はかつて多客期に、「北斗星」のサポートとして増発された季節列車(B寝台だけでロビーカーなども付いてない)です。かつて3往復だった「北斗星」も、今では「北斗星」「カシオペア」各1往復(カシオペアはほぼ隔日運転)となり、サポートが必要なほどの利用客もないようです。青函トンネル開業時の盛り上がりを知る身としては、ちょっと寂しい。
100124_22寝台特急エルム



機関車を下から見られたり、パンタグラフを間近に見られたりするのも鉄道博物館ならでは。「言われてみればパンタグラフをこんな近くで見ることないよな。」と言ったら、T氏から「感電します。」と言われました。
100124_23パンタグラフ




鉄道博物館に行きました(その2)」へつづく。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。