スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台出張(JACET全国大会) 2010.9

昨年(2010年)夏以降の出来事を順次アップしていますが、今回は9月の仙台訪問記です。

昨年9月上旬、JACET(大学英語教育学会)の全国大会に参加するため、仙台へ赴きました。以下、学会の内容はほんのちょっとで、主に旅行記となっています。(例によって、☆を付けてあるのは当時のツイートを再掲載したものです。)

                    ☆

9月6日(月)

翌日の開会式が9時開始だったので、前日入りすることにしました。9月に入っても一向に衰えない厳しい暑さもあって体調が絶不調な中、なんとか家を出て、大宮駅20:02分発のはやて199号に乗車。
100906_01.jpg

「はやて」に乗るのは、一昨年(2009年)の8月にPerfumeの仙台公演に行って以来約1年ぶり。体調のこともあって今回もグリーン車にしました。
100906_02.jpg  100906_03.jpg

100906_05.jpg  100906_06.jpg

夕食は駅弁の「特選おつまみ弁当」。ビールを飲みながら食べるのに最高のお弁当で、前にも何度か食べたことがあります。「夕刊フジ」の企画から生まれたというところが実にオヤジっぽくて良い。
100906_04.jpg

1時間11分で仙台に到着。近いもんです。
100906_07.jpg

仙台駅前といえばペデストリアンデッキ。そこから望んだ駅舎。
100906_08.jpg

宿泊先は、仙台での常宿となりつつあるドーミーイン仙台ANNEX。仙台駅からもほど近く、機能的で便利なホテルです。大浴場(温泉)があるのがありがたい。
100906_09.jpg  100906_10.jpg

                    ☆

9月7日(火)

学会1日目。仙台は雨。ホテルから仙台駅より若干近い広瀬通駅で地下鉄に乗車。広瀬通、広瀬川というとつい ♪広瀬川~流れる岸辺~♪ というメロディーが脳裏に流れてしまう世代です。あの曲のおかげでどれほど私の中での仙台の印象が良くなっていることか(完全に美化されています)。
100907_01.jpg

15分ほどで終点の泉中央駅へ。
100907_02.jpg

仙台市営地下鉄。
100907_03.jpg

学会会場の宮城大学へはここからさらにバスで25分ほど。学会会場としては中心市街地から遠くて不便な立地ですが、森の中のキャンパスは悪くありません。

午前中は開会式と基調講演と会員総会。基調講演の講演者は新会長のJ先生。

☆今日一つめの基調講演、教員養成・研修に関する研究調査報告。目下そっち方面にあまり関心がないのでちょっと退屈してしまった。会長先生の英語は上手で聞きやすく分かりやすかったけど、原稿を淡々と読み上げる形式だったので、私の退屈さにも拍車がかかってしまった。
posted at 11:07:34

休憩時間。どうでもいいこと↓

☆いま大学生協のモニター前に来たらいきなりPerfumeのVOICEが流れてビックリした。
posted at 11:09:57

自分の中で芸能音楽方面と研究教育方面はモードが別なんだなと思いました。

昼食は学食で。迷わずカレー(ミニチキンカツ付き)を選んだところ、甘口ながらとろとろしていてかなり美味しい。学食としては「レベル高し」です。
100907_04.jpg

学食のテラスから見渡したキャンパス。森です。
100907_05.jpg

☆出版社などによる英語テキスト・教材展示。iPadを使ったデモも登場してる!
posted at 13:04:24

時代ですね。

午後は、基調講演、研究発表、シンポジウムを聞きました。シンポジウムは、私が毎回聞いている北海道の先生方によるESPに関する発表を聞きました。今回は、企業で使われている書類に見られる英語について分析を行ったものでした。

最後は特別委員会による、刊行中の「英語教育学大系」に関する報告を聞きに行きました。一番大きなホールでしたが、聴衆が少なくちょっと寂しい感じがしました。報告内容は、「よし、それじゃあこれを買って勉強しよう」という気持ちにさせるもので、聞きに行ってよかったと思います。
100907_06.jpg

                    ☆

特別委員会報告の会場で会った大阪のK先生と、バスに乗って仙台市街へ向かいました。仙台駅行きのバスが来たので、地下鉄経由ではなく約50分間バスに揺られました。一緒に夕食をとろうということになり。牛タンで有名な「利久」の西口本店に行きました。ここは牛タンの有名店で、前年、仙台に来た時に友人と東口本店に食べに行ったことがあります。幸いにも待つことなく席に通され、まずはビールで乾杯。
100907_07.jpg

注文したのは「牛タン極(きわみ)定食」。せっかくだからと、ワンランク上のものにしました。
100907_08.jpg

肉厚でジューシーで柔らかい! やっぱりこの店にして良かったと思える美味しさでした。大満足。

K先生と別れてホテルへ。

☆今日は朝から途中サボることなく講演や発表やシンポジウムをかなり全力で聞き続けた(ついでに2回も質問した)ので、さすがに疲れた。たとえて言うと、フェスで朝からすべての枠をノリノリで聞き続けたようなもの。
posted at 22:48:46

                    ☆

9月8日(水)

ホテルの朝食。けっこう充実しています。
100908_01.jpg

前の日に頑張ってちょっと疲れたのと、この日の午前中にどうしても聞きたいという発表がなかったのとで、午後から出かけることにしました。

☆今日の仙台は涼しくてしのぎやすいです。今は雨は降ってません。
posted at 12:00:34

改めて会場の宮城大学の外観を撮影しました。なんでも、開学10年あまりの新しい大学だそうです。
100908_02.jpg  100908_03.jpg

まずは昼食。

☆宮城大学の学食2日目。今日のカレーはグリーンカレー。ココナツのマイルドさの中から現れる辛さが魅力的。この学食、カレーにこだわりあるのかな。
posted at 13:12:19
100908_04.jpg

この日の収穫はこちら↓

☆大学英語教育学会なう。この時間はあまり関心のある発表がないので一休み。さっき聞いた大阪樟蔭女子大学の「落語英語」の授業についての発表が面白かった!
posted at 16:12:41

Twitterのフォロワーの方の中に、この発表者とお知り合いという方がいました。

☆@***** そうなのですか!学力低下への対応など必要だけどちょっと重苦しい気持ちにもなってしまう発表を多く聞いていた中で、一服の清涼剤のようなご発表だったとお伝えください。
posted at 17:14:32

今回、この学会に出て思ったこと。

☆去年は本務校での英語教育の行く末に途方もない絶望感を抱きながらの参加だったから、この学会で発表を聞くのも辛かったが、今年は絶望感が少し薄まったのか、それほど辛くない。
posted at 16:37:01

                    ☆

2日目の夜は懇親会。学食で行われました。

☆これから懇親会。会場の方から管弦楽が聞こえる。学生による生演奏だろうか。(この学会はそういう趣向を凝らすことが多い。)
posted at 17:23:16

☆懇親会なう。いま基調講演、招待講演の演者が次々とスピーチをしている。非母語話者(日本人含む)の英語がめちゃめちゃ上手くてかっこいい件。やっぱり英語教師はこうじゃなきゃね!←
posted at 18:27:06
(注:「←」というのは一種の「セルフ突っ込み」を表します。ここでは「なんてこと言ってお前はどうなんだよ!」という突っ込みを表してみました。)
100908_05.jpg

料理には牛たんや笹かまぼこといった仙台名物も登場しました。
100908_06.jpg

100908_07.jpg

この学会の懇親会は必ず何らかのアトラクションがあるのですが、今回は学生による「すずめ踊り」でした。
100908_08.jpg

「すずめ踊り」というのは、どうやら札幌でいう「よさこいソーラン」のような存在のようです。学生が一つのことに打ち込んでいる姿というのはいいですね。みな表情もよく生き生きとしていて、見ていて清々しく感じられました。

帰りは一人で仙台駅行きのバスに乗り込みました。

☆帰りのバス。学会の重鎮と言ってもいい偉い先生が私の隣の席にすわったのだが、面識のない私のようなものにきさくに話しかけてくださった。英語教育に関する雑談を30分ほど。本当に偉い先生というのは偉ぶらないものなのだなと感じ入った。
posted at 20:33:38

さらに感じ入ったこと。

☆しっかしなあ、こういう学会に来ると、自分の英語のできなさが身にしみるぜい。
posted at 20:38:09

☆そうだ。今日の帰りバスで隣になった学会の大御所先生が、「自分はもう教室で学生に教えられないんだということを退職したいま実感している」とおっしゃっていた。「教室で教えることが当たり前であることの幸せ」とでもいったものを考えさせられた。
posted at 00:30:31

                    ☆

9月9日(木)

学会3日目。この日は朝一番から聞こうと思っていましたが、なんやかやでホテルを出るのが遅くなってしまいました。午前中の発表はほとんど聞けずじまい。

というわけで昼ごはん。

☆宮城大学の学食3日目は、やはりカレーにした。おとといとほぼ同じ「学食カレー」(ミニチキンカツ付き)だが、今日は温泉卵がのっている。
posted at 12:40:56
100909_01.jpg

宮城大学のカレー、気に入りました。

☆宮城大学、都心から遠いのは難だが、緑豊かなキャンパスで居心地はいい。それよりも何よりもカレーが美味しい大学として私の心に刻まれた。
posted at 12:50:29

最後の全体シンポジウムは、全パネリストの講演が終わったところで、ディスカッションは聞かずに会場を後にしました。

                    ☆

帰りの新幹線は、はやてが取れず、併結するこまち20号に乗車しました。こまちに乗るのは初めてです。
100909_02.jpg  100909_03.jpg

100909_04.jpg

仙台を16:26に発って大宮に17:42着。近いもんです(2回目)。

お疲れ様でした(to 自分)。




スポンサーサイト

仙台&鳴子温泉(その2)

「仙台&鳴子温泉(その1)」の続きです。

8月30日(日)

7:10 宿の朝食もバイキング。やはり充実していました。
090830_01朝食バイキング

9:30 チェックアウト。来るときは宿の送迎バスに乗りましたが、帰りは下り坂なので、たらたらと駅まで歩きました。途中、ご当地マンホール?を発見。駅前に足湯を見つけ、しばし休憩。
090830_02マンホール  090830_04足湯

10:08発の小牛田行に乗車。時間の関係で、今日は古川駅で東北新幹線に乗り換えて仙台に向かいます。
10:52 古川着。11:06発のやまびこに乗車、わずか13分で仙台着。
090830_03鳴子温泉駅  090830_05古川駅

11:30 今日も早めの昼食で、「利久(東口本店)」という、有名な牛タンのお店に行きました。
090830_08利久

牛タン(極)定食を注文。このほかに、牛刺しを3人で1皿注文。この肉厚の食感がたまらない。今回の旅では何度も言ってますが、おいしい。
090830_07牛タン定食

090830_06牛刺し

12:45発の仙山線・山形行に乗車し、今度は作並へ向かいます。
090830_09山形行

続きを読む

仙台&鳴子温泉(その1)

Perfumeの仙台公演に行くついでにと、友人夫妻に誘われ、鳴子温泉と仙台を旅行しました。今回はその道中記です。

時系列的には、「札幌→仙台(+α)」の続きとなります。

8月29日(土)

10:00 仙台サンプラザホテルをチェックアウト。
10:19 仙石線榴ヶ岡駅。「マンガッタンライナー」ではなく、ふつうの電車でした。
090829_01仙石線

11:00 友人夫婦を仙台駅で出迎え。“ようこそ仙台へ”。少し早いが昼食に向かうことに。
11:15 仙台駅を外から眺める。ここのペデストリアンデッキはかなり大きい。私が学生だった頃にはすでにできており、仙台駅といえばこのイメージです。
090829_02仙台駅

11:30 友人夫妻が調べてきてくれた「鮨仙一」というお店へ。表通りからちょっと入ったところにあります。着いたら、ちょうど開店するところでした。奥の座敷に通してもらいまいた。
090829_07鮨仙一

付け出しに出てきた茶碗蒸し。出汁がきいていておいしい。
090829_03茶碗蒸し

私は、にぎりにも大いに心惹かれたのですが、松島穴子を使っていると聞き、穴子丼を注文。ふっくらと柔らかく、穴子が好きな私も大満足の味。お吸い物は海老汁。これまた上品な味でおいしい。
090829_04穴子丼  090829_05穴子丼と海老汁

デザートのシャーベット。
090829_06シャーベット

私がお手洗いに立っている間に、店の人から「学会ですか?」と聞かれたそうです。なるほど、40代の男2人、女1人で土曜日の昼、よその土地から来てご飯を食べているとなると、単なる旅行には見えないのでしょうね。仙台には大学も多いですし、文科系の学会はたいてい土曜の午後から日曜という日程ですし。正しくは、夫婦1組+友人1名の単なる旅行(より正しくはPerfumeのライブに来るついでの旅行)なんですけどね。

12:30 店を出て駅に戻る途中、朝市という看板を見つけ、行ってみました。魚屋さんや八百屋さんなどがたくさん軒を連ねていて、見ているだけでも楽しくなってきます。
090829_08朝市

13:22仙台発の東北本線・小牛田(こごた)行に乗車。 14:07 小牛田駅到着。
090829_09小牛田行  090829_11小牛田駅

14:37発の陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)鳴子温泉行に乗り換え。電車の中で、さきほど買った「喜久水庵」というお店の「どら茶ん(抹茶入り生クリーム)」を食べました。要するにどら焼きなのですが、美味い。
090829_10鳴子温泉行  090829_12どら茶ん

15:55 鳴子温泉駅に到着。ホームに降り立つと、硫黄の香りが漂っていました。温泉に来た~っていう気分。
090829_13鳴子温泉駅  090829_14鳴子温泉駅外観1

090829_15鳴子温泉駅外観2

今宵の宿は鳴子ホテル。
090829_17鳴子ホテル

源泉?でしょうか。こういうのを見ると、期待が高まります。このホテルのお風呂は、3つの源泉の湯をブレンドしているらしいです。
090829_18鳴子ホテル2

ここで卵でもゆでるのかな? と思っていたら、フロントに、温泉でゆでたゆで卵があって、無料で1個もらえるようになっていました。黄身が柔らかくておいしいゆで卵でした。
090829_16鳴子ホテル前1

16:30 部屋でお茶を飲み、一休みしてから、大浴場へ。外気や湿度によってお湯の色が変化するとのことです。このときは、屋内の湯は緑がかった色、露天風呂は透明なお湯でした。

18:30 夕食はバイキング形式。これが評判いいらしいです。行ってみて、料理の品数の多さに驚きました。ありきたりなバイキングとは一味も二味もちがいます。しかも、どれも美味しい。友人夫妻と一緒だったこともあり、愉快な気持ちでビールも進みました。
090829_19夕食バイキング1  090829_20夕食バイキング2

090829_21夕食バイキング3

就寝前、再び大浴場へ。外が暗くて人も少ない大浴場の風情というのが好きなので、温泉に泊まるときは就寝前の入浴は欠かしません。露天風呂に行くと、さっきは透明だったお湯が白っぽく濁っていました。確かに色が変わっている! 体はさきほど洗ったので、ただひたすら、浴槽に入ったり、出たり、体を冷ましたりを繰り返しました。いやあ、極楽極楽。

思えば、ここのところ、Perfumeのライブに温泉が付きものになっています。Rock in Japan Festivalの翌日のいわき湯本温泉、松山・ひめぎんホールの翌日の道後温泉、そして仙台前日の鳴子温泉。癖になりそうです。

(その2)へ続く。




札幌→仙台(+α)

8月28日(金)

この日は札幌から仙台へ高速移動♪

12:00 新千歳空港。12:05の仙台行に搭乗。
090828_01仙台行

13:10 仙台空港到着。東京圏にいる限り、仙台に飛行機で来ることなんてないので、新鮮です。
090828_02仙台空港着

ファイターズの街からイーグルスの街にやって来ました。
090828_03イーグルス

13:30 仙台空港アクセス鉄道。13:36の電車で仙台駅に向かいます。
090828_04仙台空港駅

近代的な駅舎、近代的な電車、でも2両編成というギャップが面白い。
090828_05仙台空港アクセス線

14:05 仙台駅で、仙石線に乗り換え。
090828_06b仙台駅仙石線

仙石線はずいぶん前、まだ地下化されていなかった頃に松島に行くために利用したことがあります。当時、京浜東北線の“お下がり”の水色の車両が使われ始めたところで、「コバルトブルーの電車で松島へ」のようなキャッチフレーズが使われていて、面映ゆい感じがしたのを覚えています。どこかの駅のごみ箱まで京浜東北色になっていて、よほど鮮やかな色の車両が来たのが嬉しいのかな、なんて思ったものです。

そんな話も今は昔。終点の石巻が、石ノ森章太郎ゆかりの地と言うことで、車両全面に漫画(石ノ森氏的に書けば萬画)が描かれた「マンガッタンライナー」が走っています。
090828_07仙石線

14:11 1駅先の榴ヶ岡駅で下車。この「榴ヶ岡」という字、最初読めなかったのですが、「つつじがおか」だそうです。
090828_08榴ヶ岡駅

今日の宿は、仙台サンプラザホテル。ライブ会場である仙台サンプラザホールの併設施設です。下見も兼ねて、というわけでもありませんが、手頃だったので。
090828_09仙台サンプラザホテル

ホテルの廊下から見下ろしたサンプラザホール。円形劇場ですね。
090828_10サンプラザホール

15:00 昼食がまだだったので、仙台駅に戻り、私の来仙目的を見透かしたかのような名前の、スパゲティの店に入りました。
090828_12トライアングル

看板メニューらしい、特製スープスパゲティ(1000円)を注文。あさり、しめじ、ベーコンが大量に入っていて食べごたえもありました。
090828_11特製スープスパゲティ

16:26 仙台駅新幹線ホーム。ん、どこ行くん!?
090828_13仙台駅新幹線ホーム

続きを読む

日帰り入浴@いわき湯本温泉

7月31日の Rock in Japan Festival 2009 初日に参加して、日立駅前に宿泊。あくる8月1日は、さらに北上して福島県のいわき湯本温泉に行きました。

宿は1時間チェックインを遅らせてもらい、12時にチェックアウト。12:33発のスーパーひたち19号に乗車。
090801_01日立>湯本切符

13:10湯本駅着。駅のホームに「手湯」発見。さっそく手を入れてみました。が、昨日のフェスで手が日焼けしていることを忘れていました。熱いお湯でひりひりします。白い湯の花が浮遊しているのがいい感じ。
090801_02湯本駅手湯

駅の改札を抜け、
090801_03湯本駅改札

観光案内所に行って案内地図を入手。ほんの確認のつもりで「『さはこの湯』はどこですか?」と尋ねたら、なんと工事中で休んでいるとのこと。なんと! 最新情報をネットで調べておくべきでした。

昨年12月に、いわき市で学会の研究例会があったときに、いろいろと調べて、翌日はここ湯本で温泉三昧をすることを楽しみにしていました。ところが、大学の校務が忙しくて、研究例会そのものに行けなくなってしまいました。そんなわけで、今回はそのリベンジ(笑)だったはずなのですが、一番のお目当てだった「さはこの湯」が休業中と言うことで、出鼻をくじかれてしまいました。

が、ほかにも日帰り湯はあるはずなので、聞くと、駅のすぐ近くに「みゆきの湯」というのがあるとのこと。迷わずそこに行くことにしました。(本当は「さはこの湯」とともにいくつか湯めぐりをしようと思っていたのですが。)

湯本駅の外観。
090801_05湯本駅

こちらが、立ち寄り湯の「みゆきの湯」です。大人220円。まあまあの広さで、加水してありますが、その点以外は源泉をそのまま使っているようです。
090801_04みゆきの湯

いわき湯本温泉は、高血圧などに効くとされる硫黄泉。ほかに、切り傷、やけどにいいということで、じゃあ日焼けにもいいのかな?と、最初はひりひり痛いので湯につけずにいた両腕をゆっくり湯に入れました。ひー。ひりひりする。少しずつ慣らして行って、最後には痛みを感じないようになりました。

ゆっくりと、何度か脱衣場に出て涼しい風にあたったりしながら、小一時間もいたでしょうか。すっかり温泉を堪能しました。もうこれで十分。

すでに2時半になっていたので、案内地図を片手に昼食をとる場所を探します。が、ない! 時間が中途半端なせいか、営業中の飲食店が一つも見当たりません。ぐるっと一回りして駅へ戻り、仕方ない、駅の食堂か何かあるだろうと思ったら、そば屋だったと思われるところが閉鎖されています。駅にはコンビニと自販機しかありません。しょうがない、もう一度「みゆきの湯」の方へ行ってみようと歩いたら、居酒屋が営業中の看板を出していました。定食もあるらしいので、その「おかめ」という店に入りました。
090801_06おかめ

入ると、中はぐるっと三方をとりかこむカウンターがあって民芸調のいい感じの店。奥には座敷があるらしい。定食を食べるつもりだったのに、思わず生ビール(風呂上がりにビール!)を注文してしまいました。すると、店のおかみさんが勝手に「ほろよいセット」のオーダーを入れちゃいました。生ビール630円に対し、「ほろよいセット」は、生ビールとおつまみ3点で1000円。そのおつまみというのが、枝豆、いかを煮たもの、かつおの刺身と、めちゃめちゃお得なセットでした。これでもう昼食としても十分です。

店内には芸能人の色紙が多数飾ってありました。その中に、南海キャンディーズのしずちゃんのサインを発見。そういえば、ここ湯本は映画「フラガール」の舞台の地なのでした。

このお店については、こちらに記事があります。

3時15分。指定席をとった次の特急までまだ1時間もあります。さて、どうしようと思ったときに思い出したのが、駅前にあった足湯。さっそく行ってみました。

この足湯が半端なく熱い!30秒と足を入れていられません。それもそのはず。59度という源泉に加水など一切手を加えていないのです。でも、源泉かけ流しというのがうれしいので、足湯を楽しむことにしました。
090801_07足湯

座る場所を工夫して、足をお湯に入れたり、お湯から出して冷ましたり、を繰り返しました。そのうち、3分くらいは足をつけていられるようになりました。そうこうして、のんびりと過ごすうちに、もう4時10分。駅に戻りました。

帰りの特急はスーパーひたち50号。上野まで2時間余りの旅です。
090801_08湯本>上野特急券  090801_09湯本>川口乗車券

夜7時過ぎに帰宅。充実した2日間が終わりました。




上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。