スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を振り返って(2)

引き続き、2009年を振り返ります。

■学会等
昨年に続いて、学会などに積極的に参加しました。

3/14 JACET(大学英語教育学会)辞書研究会(成城大学) ※研究発表をしました。
3/28 日本音声学会・音声学セミナー(清泉女子大学)
3/29 シンポジウム「キャラクター・役割・言語」(神戸大学)
4/25-4/26 日本英語学会・フォーラム(奈良女子大学)
6/21 JACET関東支部大会(青山学院大学) ※研究発表をしました。
8/4-8/6 JACET全国大会(北海学園大学)
9/19 大阪言語研究会・公開講演会(大阪大学) ※基調講演の講師として参加しました。
9/26-9/27 日本音声学会全国大会(九州大学)
10/10 日本音声学会・音声学セミナー(東京大学工学部) ※講師をつとめました。

秋以降、毎年出席している日本英語学会全国大会と、時々出席している日本言語学会全国大会に、体調の関係で出席できなかったのが残念。6月と12月の日本音声学会の例会にも、都合で出席できませんでした。

発表の方は、昨年の3件より減りましたが、講師としてお招きいただいたものが2件あったのは光栄なことでした。

来年は、今年あまり出席できなかった定例の研究会(竹林先生の音声学研究会;岩崎研究会の学校文法部会&辞書学部会)にも極力出席したいと思います。

                    ☆

■ライブ等
今年特筆すべきことは、Perfumeをはじめ、色々なアーティストのライブに参加したことです。お気に入りの歌手のライブはすべて1回は足を運びました。後半は“遠征”が完全に日常化。初めてのフェス体験というのもありました。

1/17 太田裕美ほか「アコースティックナイト」(グリーンホール相模大野)
1/25 「オンタマカーニバル2009」Perfume出演 ※昨年夏のbayfm公開録音以来2度目の生Perfume。ここで福原美穂を初めて生で聴き、ファンになる。(横浜アリーナ)

2/8 「ポピュラーウィーク2009」辛島美登里(東京文化会館小ホール)

3/7 いきものがかり「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2009」(神奈川県民ホール)
3/18, 19 Perfume公開生放送(ライブなし)(名古屋・ZIP FM/FM大阪)
3/20 「朝のヒットスタジオコンサート」辛島美登里出演(東京国際フォーラム)
3/29 一青窈(神戸国際会館こくさいホール)

4/3 福原美穂(札幌・ペニーレイン24)

5/9 Perfume「DISCO! DISCO! DISCO!」(代々木第一体育館)
5/20 いきものがかり「いきものがかりのみなさん、こんにつあー!!2009」(厚木市文化会館)

6/18 一青窈「premium acoustic tour 09」(東京厚生年金会館)

7/4 「Hot Staff 30th Anniversary Special Live」木村カエラ∞Perfume出演(横浜アリーナ)
7/18 RYTHEM無料ライブ(表参道ヒルズ) ※握手会に参加。
7/29 「声(うた)おうよ~MS Songs~」辛島美登里出演(歌と司会)(赤坂BLITZ)
7/31 「Rock in Japan Festival 2009」Perfume福原美穂出演(国営ひたち海浜公園)

8/16 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(松山・ひめぎんホール)
8/26 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(札幌市民ホール)
8/27 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(札幌市民ホール)
8/30 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(仙台サンプラザホール)

9/13 「歌姫ものがたり 沢田知可子 with 小林明子 辛島美登里」(豊橋勤労福祉会館)

10/4 「オールナイトニッポンコンサート」太田裕美出演(名取市文化会館)
10/11 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(大阪城ホール)
10/14 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(横浜アリーナ)
10/15 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(横浜アリーナ)
10/29 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(横浜アリーナ)
10/30 Perfume「直角二等辺三角形TOUR」(横浜アリーナ)

11/8 「稲垣潤一アコースティックライブ2009 スペシャルゲスト:辛島美登里」(山武市・さんぶの森文化会館)
11/22 RYTHEM「Acoustic Rock?! Tour '09」(福岡・Drum B-1)

12/13 「辛島美登里クリスマスライブ&ディナー」(神戸ポートピアホテル)
12/26 RYTHEM「It's Live~えっとベスト出たよ!そして昨日はクリスマス。何してた?今日は暇?お待たせしました中野さん~」(中野サンプラザ)
12/28 「COUNTDOWN JAPAN 09/10」Perfume出演

このほかに、4/29の「Requestage」Perfume出演(大阪城ホール)と、10/23のRYTHEM(札幌・Krapp Hall)は、それぞれ体調不良と多忙により、チケットを取っておきながら参加できませんでした。

それにしても、多いですね。私にとって史上最高のライブ等参加回数です。アーティストごとに数えてみると、

辛島美登里・・・ライブ2、イベント2、ゲスト出演2
Perfume・・・ライブ10、フェス・イベント4、公開放送(ライブなし)2
一青窈・・・ライブ2
いきものがかり・・・ライブ2
福原美穂・・・ライブ1、フェス・イベント2
RYTHEM・・・ライブ2、無料ライブ1
太田裕美・・・ライブ1、イベント1

生Perfumeに16回というのは、自分でも数えていて驚きました。

来年も、無理をしない範囲で可能な限り、いろいろなアーティストのライブに足を運びたいと思います。

                    ☆

■まとめ

こうして見てみると、今年は

1.研究会に積極的に参加したこと
2.ライブ三昧の日々を送ったこと
3.高校の同窓会の実行委員を務めたこと

この3つが柱となって進んでいた1年だったように思います。本当なら、

4.大学時代の合唱団の卒団生合同ステージに出演したこと

が4つ目の柱になるはずでしたが、出演はしたものの、練習には3回しか出られなかったので、影が薄くなってしまいました。

で、最終的に、今年を彩ったものは何かと言えば、

やっぱ、Perfumeでしょう。

ということになろうかと思います。物理的なことだけじゃなく、精神的な面でも、Perfumeの存在は大きなものがありました。

来年2010年は、さてさて、どうなることやら。
みなさま、よいお年を!




関連記事
スポンサーサイト

2009年を振り返って(1)

2009年の大晦日。今年1年を振り返ってみたいと思います。

■反省

まずは反省点を3つ。

一つは、体調管理がうまくいかずに、各方面に多大な迷惑をかけたこと。来年度は、体調不良による休講ゼロを目指します。

二つめは、学術論文が1本も書けなかったこと。昨年、数年ぶりに論文を書いて、今年発行の大学の研究紀要に掲載され、波に乗り始めたかなと思ったのですが、ストップしてしまいました。来年は最低でも1つは論文を書きたいと思います。

三つめは、遊びすぎたこと(汗)。これは楽しかったことの裏返しでもあるのですが、これから下に書くように、年がら年じゅうあちこちに行ってました。来年は、もう少し、体調面や金銭面も考えて行動しようと思います。

                    ☆

■移動

2009年は、移動の多い年でした。特に、札幌には、計14回帰りました。高校の同窓会実行委員会に出席することが大きな部分を占めてますが、それもある意味口実で、要するに疑似在札体験をしたかったというのが本当のところです。

①12/30-1/2 年末年始の帰省(例年通り);②2/9-2/11 雪まつり見物;③2/22-2/25 同窓会実行委出席;④3/21-3/23 同窓会実行委出席&父の入院見舞い;⑤4/3-4/5 福原美穂ライブ&妹一家と会う;⑥5/15-5/17 父の入院見舞い;⑦6/20 同窓会実行委出席&恩師の講演会;⑧7/18-19 同窓会実行委出席;⑨8/15-8/28 夏の帰省(同期会出席&同窓会実行委出席&Perfume札幌公演):➉9/2-9/7 学会(JACET)出席;⑪10/18 同窓会実行委出席;⑫10/21-25 同窓会本番;⑬12/4-6 同期忘年会出席&同窓会引継ぎ&Perfumeファンオフ会出席;⑭12/30-1/2 年末年始の帰省(例年通り)

                    ☆

札幌以外にも、本州四国九州と駆け回りました。春休みには2回、旅行(?)をしました。

①3/18-3/20 東海道山陽新幹線ぶらり途中下車の旅:浜松、名古屋、大阪、広島、福岡へ美味しいものを食べに行きました。裏の目的はPerfumeの「ワンルーム・ディスコ」キャンペーンでのラジオ出演。名古屋と大阪で公開生放送に行きました。
②3/27-3/31 数珠つなぎの旅:合唱団への発音指導(千葉県岩井)→音声学セミナー(都内)→シンポジウム(神戸)→一青窈ライブ(神戸)→研究会旅行(箱根)。

学会やライブにも精力的に行きました。ついでに温泉も楽しみつつ。

③4/25-4/26 英語学会フォーラム出席(奈良)。
④7/30-8/1 Rock in Japan Festival 2009参加(ひたちなか)。そのあといわき湯本温泉で日帰り入浴。
⑤8/16-17 Perfumeライブ(松山)。道後温泉も堪能。札幌に帰省中(ていうか、帰省した翌日に)松山まで移動したことが、大人Perfumeファン仲間の間で語り草に。
⑥8/28-8/29 Perfumeライブ(仙台)。前日は鳴子温泉。


秋以降は日帰りで遠隔地のライブに行く機会が増えました。この頃になると、「遠征」への感覚が完全に麻痺しています(汗)。

⑦9/13 辛島美登里ゲスト出演の沢田知可子ライブ(愛知県豊橋)。
⑧9/19-9/20 大阪言語研究会に、基調講演の講師として。
⑨9/26-9/27 日本音声学会全国大会(福岡)。
➉10/4 太田裕美出演イベント(宮城県名取)。
⑪10/11 Perfumeライブ(大阪)。
⑫11/22 RYTHEMライブ(福岡)。
⑬12/13 辛島美登里ディナーショー(神戸)。



(つづく)




関連記事

RYTHEM@中野サンプラザ 2009.12.26

12月26日(土)に中野サンプラザで行われた、RYTHEMのライブに行ってきました。
091226_04RYTHEMチケット

タイトルは「It's LIVE!!~えっとベスト出たよ!そして昨日はクリスマス。何してた?今日は暇?お待たせしました中野さん~」。なげーよ、なげーよ。

会場の中野サンプラザのホールは、私の勤務先の入学式の会場なので、年1回は行っていますが、夜(夕方)行くのは久しぶりです。
091226_01中野サンプラザ

18時開場、18時30分開演。入場に時間がかかり、私が列に並んだ18時10分ごろには長蛇の列になっていました。
091226_02会場入口

結局入場できたのは18時25分。グッズやCDも見てみたいと思いましたが、その列がまた長いのであきらめ、客席に向かいました。席は1階席の後方24列目、左から3番目ですが、そんなに遠くは感じませんでした。まあ、欲を言えばもっと近くで見たかった気もしますが、福岡でのライブに行ったあとに本格的に好きになったので、すでに各種先行販売は終わっており、ぴあの一般発売、しかも12月に入ってから買ったので、仕方ありません。

そうそう、ファンクラブ「JOLLY JAM」の会員証を見せると何かもらえるとのことだったので、行くと、赤いサイリュームのブレスレットをくれました。
091226_03ブレスレット

これ、もともと棒状になっているのをくるっと巻いて端をストッパーにはめるのですが、片手ではどうにもうまくはまらず、結局、棒の状態のままサイリューム棒として使いました。RYTHEMのライブでは、サイリュームの使用が推奨されているようで、ていうか、「ペンライト」がグッズとして売られていて、黄緑色のそれを振る人がとてもたくさんいました。(Perfumeのライブでやると確実に嫌われますが。)

客層は若い人が多いけれども、周りには同年輩と思しき男性客もけっこういらっしゃって、ちょっと安心。ペンライトの多さから、ファンが集結したんだなということがわかります。土曜日なので、遠征組も多かったかもしれません。

                    ☆

予定よりもかなり遅れて18時45分過ぎに開演。青いライトだけがともっているステージに、RYTHEMのYUIさんとYUKAさん、そしてバックバンドの面々が登場します。

今日は、事前の予告では、私がここ数日、iPodでヘビロテしているベストアルバム「BEST STORY」に収められているシングル曲を全部やるとのことで、RYTHEM初心者にとっては楽しみな限り。

1曲目は《万華鏡キラキラ》をしっとりと。続く2曲目の《蛍火》でもRYTHEMの大きな魅力である2人のハーモニーを存分に聴かせてくれます。胸がきゅんとなる《Bitter & Sweet》を歌い終えて、最初のMC。

YUIさんが「It's LIVE!!~えっとベスト出たよ!そして昨日はクリスマス。何してた?今日は暇?お待たせしました中野さん~」を、なんとかかめずに言えたことを自慢(?)。「『It's LIVE!!』だけでもよかったんだけど、ちゃんと言えるぞっていうところを見せたくて。」と長いタイトルにした理由を“説明”。26日にしたのは、クリスマスは予定の入っている人も多いから、一人でも多くの人に来てもらいたいと思ってとのこと。

今日は、過去のシングル全曲やるということをここでも宣言、「こんなこともうないかもしれないよ。」とYUIさん。客席に「初めてRYTHEMのライブに来た人!」というとかなり声があがります。続いて「じゃあ、インストアライブに来た人!」「今年のツアーで来た人!」と聞いていきます。2人が「あと何があるかなあ」という雰囲気で言い淀んでいるところへ、客席から「デビューから!」との声がかかり、感動する2人。

「男子!」「女子!」「2階!」「1階」といった呼びかけに客席が「イェーイ!」と答えるのも福岡で経験済みなので驚きませんでした。前にも書きましたが、これ、AIKOさんのライブでやっているのをPerfumeのあ~ちゃんが真似してやるようになった、と聞いていたのですが、もっと一般的なものなんでしょうかね。Perfumeのときと比べて、「女子!」のときの声がかなり若く感じました。女子中高生のファンが多そうです。

バックバンドは、「今年も3日間で仕上げちゃいましたバンド」とかで、普通は6日くらいかけるところを3日で仕上げたとのこと。

「初めての人も、まわりの人が手をあげたら上げてみて。ちょっとの勇気でライブが楽しくなる。そうすると、魔法がかかるから。」といったことをYUIさんが言い、ここからは立ってくださいと指示。初心者としては、立つタイミングを言ってくれるのは助かるし、後ろの方の席なので、自分は立ちたいけど周りは誰も立っていないという状況も避けられてありがたい。

4曲目は《Love Call》。キマグレンとのコラボ曲ですが、今日はすべてRYTHEMが歌います。5曲目、タイトルがわからなかったのですが、あとで、CD売り場に書いてあったセットリストを見たら《東京メトロガール》でした。ベストアルバムには入っていませんが、特典DVDには入っていたので何度か聞いてはいるはずなのですが。6曲目は、最新シングル「ツナイデテ」のカップリング曲《fast food》。つれない彼氏のことを友達に相談すると「だったら別れちゃえばいいのに」と言われるストーリー。福岡でのライブでは、女性と男性で受け取り方が違うと言っていました。

7曲目はアップテンポな《Joyful》。「one, two, three, four, five, six, seven, eight, nine, ten」と歌う部分が繰り返され、しかもだんだん早くなってきます。ファンの人たちはそれについていって、右手を上げて数をカウントするふりを真似しています。福岡ではこの曲を最後に歌い、YUIさんが「壊れかけた(?)」姿を拝見したので、強く印象に残っています。8曲目は《Winner》でしたが、毎日CD音源を聴いていると、バックコーラスがないのがちょっと物足りなく感じました。楽しいは楽しかったんですが。

9曲目は《風船雲》と曲名の紹介がありました。初期の曲のようです。10曲目、デビュー曲の《ハルモニア》「BEST STORY」の感想にも書きましたが、CDで聴くと、高校生の頃の彼女たちの声は、高音部に硬さが感じられてちょっと聴きにくいのですが、今同じ曲を聞くと、非常に聴きやすく感じられます。しっとりした空気が一変し、にぎやかなバンドの演奏が始まって11曲目、(私の個人的な)お待ちかね、あの《ブルースカイ・ブルー》です。いやあ、これは感動しました。6年前「てるてる家族」ファンだった私が、6年後、その主題歌を生で聴くことになるとは。歌い終わった後、バックバンドの演奏に乗せて、楽しい雰囲気でメンバー紹介が行われました。紹介が終わり、再び ♪夢見る力で人は・・・♪ のサビの部分を歌って終わりました。この曲が聴けるというので大いに期待していましたが、期待にたがわぬ演奏でした。

12曲目、ミディアムテンポの《一人旅シャルラン》で会場の雰囲気を落ち着かせたあと、13曲目は私の好きな《願い》。この曲のスイング感がとても心地よい。

ここでバンドがいったん退場し、YUIさんに促されて観客も座ります。MC。

14曲目《桜唄》は、前半の穏やかな部分から中盤以降の情感のこもった部分への持っていきかたがとてもいい。15曲目は歌詞か心にしみる《20粒のココロ》

再びバンドが登場、自然と客席も立ちあがります。シングル曲はまだまだ続き、16曲目《ぎゅっとして》、17曲目《ココロビーダマ》。そして18曲目は《てんきゅっ》、19曲目は《ホウキ雲》と、私の好きな曲が2曲続きました。いやあ、もうお腹いっぱいです。十分堪能しました。でも、まだ歌うはずなのに歌っていない曲がいくつかあります。20曲目は、「BEST STORY」には収められていない《あかりのありか》(「Love Call」との両A面曲)。21曲目《首すじライン》をしっとりと歌い上げて本編終了です。

アンコールのMC。デビュー7周年となる来年の活動について、7月7日の19時(午後7時)に“何かやります”とのこと。内容も場所も未定で、とにかく7月7日の夜7時(あとから7時7分とも)に何かやるようです。

アンコール1曲目は《三日月ラプソディ》。このまえのツアーではライブ冒頭にやりましたが、ふつうは最後の方でやって盛り上げる曲のようです。

最後のMCでは、YUIさんが「みんな今はRYTHEMのこと好き、って言ってくれるけど、帰ったら他のアーティストの音楽とか聞くよね? でもそれが普通だと思う。永遠に続くことなんてなくて、点としてあるだけだけれども、その点が、ずっと続いていけたらいい。」といったことを言いました。福岡でも同じようなことを言っていましたが、そのときよりもまとまりがあって、安心して聞けました。

アンコール2曲目は、最新シングルでドラマの主題歌の《ツナイデテ》。「泣いたり 笑ったり ここにいて 永遠なんてなくてもいい」という歌詞が、さきほどYUIさんが言ったこととリンクします。

計23曲にもおよぶ長いライブが終わり、拍手喝采で2人が送り出されました。客電が明るくならないので、もしかしてまだある?と思った観客が再び拍手を始め、ダブルアンコールが実現。「シングル曲全部歌ったよ。もう歌うものないよ。」という2人に、前方のファンからいろいろな曲名を言う声が飛び交います。「そうだね、曲結構あるよね。」といい、何を歌うか相談する2人。本当に打ち合わせていなかったようです。“きのこの歌”(正式タイトルは未定)を歌うことになりました。この曲は、CDにはなっていなくて、ライブでだけ歌う曲だそうです。

                    ☆

MCは途中何回か挟まれましたが、どのタイミングでどんなことを言ったのか、記憶があいまいです。こんな話もしていました。

・ライブでは、2人がCMに初出演した「象印」のボトルが重宝している。YUKAさんはライブ中、冷たい水を飲まないとつらいので、以前はペットボトルの水がぬるくなって困っていたが、このボトルを使うようになってからは、冷たいままなので助かる。

・グッズ紹介。グッズをマネージャーの「おざ兄」が持ってきました。オリジナルのシステム手帳はこの会場だけの限定販売。パンフレットには、RYTHEMの6年間の軌跡が、と言ってから、YUIさん「6年分がこんなに薄いんですが」と笑いを誘います。

                    ☆

終演後、グッズ販売の列と帰る人の流れがぶつかって、ロビーは一時かなり混乱しました。入場時といい、イベンターの手際が今一つ? そんな中、CD販売の所に掲示してあったセットリストを携帯で撮っていたら、辛島系友人のYくんに会いました。もう一人、辛島系のDくんも来てました。彼ら2人は、インディーズで路上ライブをしているアーティストも含めて、いろいろなアーティストを追いかけています。Yくんが、このあともう1つライブに行くというので、「すごいねー、2連ちゃんだ。」と言ったら、「いえ、3連ちゃんです。」と返されました。

グッズの列に並び、とりあえずパンフレットを購入。
091226_05パンフレット

中には「年表」も掲載されていて、ファン初心者には嬉しい内容です。

このほかに、CD販売コーナーで、さんざん迷ったあげく、1stアルバム「ウタタネ」を購入。まあ、徐々に揃えていこうと思います。

たっぷり2時間50分。楽しいライブでした。




関連記事

Perfume@COUNTDOWN JAPAN 09/10

昨日、COUNTDOWN JAPAN 09/10 の1日目に行きました。お目当てはPerfume。

10時発の特急わかしお5号が、海浜幕張駅に停車するというので、特急料金500円を払って乗りました。
091228_02特急わかしお

海浜幕張まではノンストップ。
091228_03特急券

23分で海浜幕張駅に到着。
091228_04海浜幕張駅

ようこそ幕張へ。駅で、Y女史(わざわざイニシャルにする必要はないかもしれませんが)と男子2名(どちらもHNだとZさん)と合流。会場の幕張メッセに向かいました。
091228_05海浜幕張駅前

10時45分、会場到着。
091228_06幕張メッセ

会場入口で紙のチケットを・・・
091228_01チケット

リストバンドに交換して手首に装着します。このあたりは、夏に行った「Rock in Japan Fes.」と同じです。
091228_07リストバンド

荷物を預けるなどしたあと、4人でステージへの入場口の列に並びました。このとき、白と黒の掲示板の方々にお会いし、歩きながら軽くごあいさつをしました。今日は、私はPerfumeファンクラブ限定の青Tシャツを着用。こういうのって自己満足だよなとか前は思っていたのですが、今日はそういうことよりも、これを着ている人が多ければ、Perfumeの3人も嬉しいだろうな、という気持から、着ることにしました。

Perfumeは、一番大きな「Earth Stage」で二番目の登場。まっしぐらにそちらに向かいます。
091228_08EarthStage入口1

091228_09EarthStage入口2

091228_11EarthStage入口3

一番大きい会場だけあって、相当広いです。
091228_10EarthStage.jpg

前の方にも行こうと思えば行けましたが、ステージに向かって左側(舞台の左端くらい)の、バー(鉄棒)のところに陣取りました。

開演時刻の13時が近づくと、客もかなり増えてきました。12時55分、渋谷陽一氏のごあいさつ。今年は音響も照明もパワーアップしたということです(スタッフの名前をあげてたたえていました)。かなり力が入っている模様。

13時。「9mm Parabellum Bullet」が登場。このバンドは、テレビ東京の「Countdown Japan」などでちらと見た程度で、ほとんど予備知識がありませんでしたが、せっかくなので、演奏に合わせて手を振ったり体をゆすったりして楽しませてもらいました(私はその辺の順応力は高い方)。

14時15分。いよいよPerfumeの登場。左右のスクリーンに「Perfume」の文字が現れると、いや、現れる前から、ものすごい歓声が沸いていました。1曲目は《I still love U》。最初にこれかと、ちょっと不意を突かれました。スピーカーから流れる重低音が体に突き刺さるように響いてきます。続いては《ワンルーム・ディスコ》。ここのところ、年末の歌番組で何度も聴いてますが、それでも盛り上がる曲です。まして、ライブ。そして、完全版。2曲目にして、早くも針が振り切れそうです。続いては、来ました《エレクトロ・ワールド》。これはみんな「待ってました!」とばかりに大いに盛り上がりました。いい感じで盛り上がってきています。

ここでMC。いつものあいさつのあと、さきほどの9mm Parabellum Bulletがすごくカッコよかったという話などをしたあと、「男子ー!」「女子ー!」「そうでない人!」「メガネ!」「黒縁!」「コンタクト!」「裸眼!」「こっち!」「こっち!」「真ん中!」「後ろ!」「みんなー!」と、客席に呼びかけます。そのとき、メンバーが、ツアーではすっかりおなじみとなった「そうでない人」を客席の中に発見。カメラも追ってスクリーンに映し出され、ファンは盛り上がります。また、あ~ちゃんが、イケメンの3大要素は「黒縁メガネ」「ヘッドホン」「Vネックのシャツ」という話をして、ビンゴの人がいる、と。

次の曲に行く前、3人が水を飲みに舞台後方にさがりました。と、「この衣装暑いね」「ベロアは暑いね」(この時ベロアという語を初めて知りました)うんぬんかんぬんと、しゃべり始めました。そして、あ~ちゃん(だったかな)が突然「え?これ流れてるの?!」と慌てます。が、どうやらわかってて言ったようで、のっち(でしたよね)が「茶番ですね」とばっさり。(同じことを2回目のMCの時もやってました。どんだけリラックスしてるんだか(笑)。)

MCのあとは《Dream Fighter》。相変わらず、のっち、かっこいい。舞台暗転して、少しの間。次は何かと待っていると、流れてきたイントロは、なんと《Zero Gravity》。しかも、ちゃんと、「直角二等辺三角形ツアー」のときに使ったサイコロ状の箱もあります。後半、私たちのいる方には、かしゆかが来て、サイコロの上に上って客席を見渡します。そのときの笑顔がいいのなんのって。手を振られて、こちらも思いっきり手を振り返しました。

2回目のMCで、あ~ちゃんが、「新曲を・・・」と口走った途端に、「エーッ!」という凄まじい歓声が沸き起こり、慌てて「さっき歌った『Zero Gravity』のことよ。」と付け加えました。やはり、みんな、相当新曲に飢えてますね・・・。

ここで、「パッと楽しく遊ぼう(PTA)のコーナー」。「ホー!」「ホッホ!」などの声出しをしたあと、まさかの♪上の歯~ 下の歯~ 前歯~ 奥歯~ ぐりぐりしゃかしゃか ぐりぐりしゃかしゃか しゅわー♪ ここで例によって歓声が上がってしまったので、あ~ちゃんがそれを制して、続きの ♪食べたらみがく 約束げんまーん (キラリン)♪ この「歯みがきじょうずかな」は、ファンですらまだ戸惑いがあるというのに、フェスでやってしまうという大胆さ。さらに、♪サバイバルダンス♪ ♪そして輝くウルトラソウ!♪ も。続いて、あ「チョコレイト」客「ディスコ!」のかけあいを何度もやって、《チョコレイト・ディスコ》へ。いやあ、私も思いっきりはじけさせてもらいました。これだからPerfumeのライブはやめられない。そして、最後は《ポリリズム》。この流れ、完璧です。ポリリズムになって一層もりあがった感じがしたのは、Perfumeを詳しくは知らない方々が、「これ知ってる」と盛り上がってくれたからなのかな、なんてことを思いました。だと嬉しいんですが。

今日の3人は、とてもいい顔をしていました(いや、もちろんいつもいい顔をしてますけど)。観客いじりがあったり、「歯みがきじょうずかな」までやっちゃったり、完全に“ホーム”のノリで、攻めの姿勢で臨んでいたような気がします。フェスという場でも、ふだんのライブと同じことができるようになったんだろうな、それだけ自分たちのやっていることに自信がついたんだろうな、なんてことを思いました。それくらい、今日のPerfumeは、ワンマンライブのときと同じように堂々としていて、そして楽しんでいるように見えました。



追記:いろいろな方の報告を見ると、前の方はモッシュが凄まじかったようです。私のいた辺りは、9mmのときに若干押された程度で、押しつぶされるほどのことはなく平和でした。

                    ☆

その後の私の行動については、こちら。
   ↓

続きを読む

関連記事

RYTHEMファンクラブ入会

先月、女性2人のユニット「RYTHEM」のベストアルバムを購入し、福岡でのライブに行きましたが、予想以上に心を惹かれ、12月1日に発足したばかりのファンクラブ「JOLLY JAM」に入会してしまいました。そして先週、会員証やその他もろもろが送られてきました。

  関連記事
   「RYTHEM」2009.7.19
   「RYTHEM@福岡DRUM B-1」2009.12.3

何気に派手な封筒。
091224_01RYTHEM封筒

会員番号は800番台。いち早く入会したらしい辛島仲間のYくんは200番台だったそうです。この数を多いとみるか少ないとみるか。
091224_03RYTHEM会員証

年内入会特典(だったかな)として、「会報0号」とメッセージカードが封入されていました。
091224_02RYTYEM会報

かなり女の子女の子していて、最初はちょっとなじめませんでしたが・・・。

                    ☆

なぜRYTHEMなのか? 他のお気に入りアーティストについても言えることですが、何度聞いても飽きない。というか、聞けば聞くほどその曲が好きになる。最初は特に何とも思わなかった曲でも、何回も聞いているうちに好きになっていく。そのうちに、「どうしてもっと売れないんだろう?」という疑問に発展していく。まあ、そんな風にして、好きになっていったわけです。

RYTHEMの楽曲には、大きく分けると、聴く者を励ましてくれるような、前向きな曲と、せつない系のバラードとがあります。私はどちらかというと前者が好きですが、後者にもいい曲があります。

今日12月26日(土)、中野サンプラザでRYTHEMのライブがあります。予告によると、デビュー6周年にして出た初のベストアルバム「BEST STORY」の曲を全曲披露するとか。ということは、ライブではやらないんじゃないかと思っていた(自分たちの作詞作曲じゃないので)「ブルースカイ・ブルー」もやるってことですよね。楽しみです。

そんなわけで、ここのところ、RYTHEMをヘビロテ状態の私です。そんなわけで、「BEST STORY」に収められた曲の一言感想を書いてみます(曲によっては一言じゃないですが)。アルバムの曲順は、シングルのリリース順になっています。
 ↓ ↓ ↓
 ↓ ↓ ↓

続きを読む

関連記事
上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。