スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回音声学セミナー「Praatによる音響分析入門」@國學院大學

去る3月13日(土)、國學院大學にて日本音声学会の音声学セミナーが開催されました。このセミナーは毎年3月に行われているものです(昨年10月に私が担当した回はイレギュラーでした)。「ある分野の人にとっては当然のことが、他の分野にとっては未知」ということが多い音声学の世界。それだけ、幅が広い学問とも言えます。音声学と聞いて、語学教師を思い浮かべる人もいれば、言語療法士を思い浮かべる人もいますし、自動音声認識に関心がある人も入れば、こどもの言語獲得に興味がある人もいます。

今回のテーマは「Praatによる音響分析入門」。言語音声を物理的に分析することは、現在では音声学のどの分野を研究するにしても、必要な方法論となっています。が、私を含め、文科系(言語系)の研究者の中には、音響分析のやり方がわかっていない人も少なくありません。そして、多くの人が、私と同じように音響分析について知っておく必要性を感じています。そんなわけで、今回のセミナーも100人ほどの参加があり、大盛況でした。

                    ☆

講師は法大の田嶋圭一先生と早大の北原真冬先生のお2人で、最初に大教室でデモ形式で講義を受けました。その後、コンピューター教室2つに分かれて実習という形で、実際にPraatを操作しながら学ぶことができました。(Praatというのは、よく用いられる音響分析ソフトの一つです。)

音響分析は学生時代、コンピューターによる以前の方法でフォルマントの読み取り方などを学びましたが、その後、パソコンで手軽に分析できるようになってから、自分で学ぶことを怠っていたので、今回のセミナーはありがたく、また、ちょうどいいものでした。普段から、他の人が音響分析を使った研究発表をしているのは頻繁に見ているので、まるっきりちんぷんかんぷんということもありませんでした。

私は、調音音声学の知識に関してはそれなりに自信を持っていますが、音響音声学に関してははなはだ心もとありません(聴覚[知覚]音声学になると、もっと知らない)。学生時代に学んだ20年前の知識のままで止まっている上に、ごくごく入門的なことしか知りません。当時は、音響分析には大がかりな機械が必要で、そのためには多額の費用がかかるため、「そういうことは理科系の人に任せて、文科系の人間は深入りしなくてよい(というか、物理的にできない)」といった状況でした。そんなわけで音響音声学は「音声学をやる人間として知っておくとよい教養」程度のイメージでした。

現在では、文科系、理科系を問わず、パソコンで手軽に音響分析ができるようになりました。音響分析をするには、ソフトの使い方だけでなく、音響音声学、そしてその基盤となる音響学の基礎もちゃんと勉強した方がいいと思うので、今年はそちら方面にも触手を伸ばしてみたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト

善きもの

Perfumeのライブハウストゥワー、東京公演に参加しました。

感想はいずれ書くとして、簡単なコメントだけ。

私は、Perfumeというのは、その可愛さ、カッコよさ、仲の良さ、人柄の良さ、すべてひっくるめて「美しきもの」だと感じていました。

今日、少しだけ感じ方が変わりました。Perfumeは、美しさも何もかもひっくるめて「善きもの」であると。

これほどまでに「善きもの」には、なかなかお目にかかることができない。

率直な思いです。




関連記事

Perfumeライブハウストゥワー前夜

Perfumeの「P.T.A. presents Perfume結成10周年!!!! パッと楽しく遊ぼうの会 ライブハウストゥワー」。P.T.A. というのはPerfumeのファンクラブの名前。ファンクラブ会員限定のライブハウスでの全国ツアーです。3月7日の横浜を皮切りに、大阪、名古屋と回って3月15日(夜)、16日(昼、夜)が東京。私は明日16日の夜公演に参加します。また、二次募集で、定員に余裕のあった札幌公演にも当選しました。
100315_01チケット

オールスタンディングの整理番号が、キャパ約2700人の東京が430番台、キャパ約2000人の札幌は860番台。かなりいい感じです。

                    ☆

今回のツアーのグッズのうち、当日会場で着用するために買ったTシャツ「LSG10」(LSG=レッスン着)、タオル、フェルトバッグ、そして三人の顔をかたどったクッキーは通販で購入済み。当初の予想通り、Tシャツは派手なピンク色で、ライブ会場以外ではちょっと着られないな~と思われ。
100315_02グッズ

その後、追加で発表されたグッズは、

(1) 4月始まりのカレンダー
(2) 「I❤Perfume」Tシャツ(復刻版)
(3) あ~ちゃんプロデュース:黒ぶちメガネ
(4) かしゆかプロデュース:ミサンガ
(5) のっちプロデュース:USBメモリ

カレンダーは是非欲しいと思っていたので迷わず購入。Tシャツはちょと恥ずかしい気もしますが、買ってしまいそうです。あとは、USBメモリでしょうか。あ~ちゃんメガネは大人気のようですが、私はメガネをかけないので(裸眼!です)。

                    ☆

今日の夕方、twitterのタイムラインを眺めていたら、入場する様子がいろんな方から実況中継されていました。開演前の空気がリアルに届いて来てこちらまで緊張してきました。終演後は、ライブ後の興奮が伝わってくるよなツイートの連続に、いやがおうにも明日のライブへの期待が高まりました。

明日は、昼の部の前の午前11時半からの物販に、アメリカ人のPerfumeファン、thispenguinと一緒に行きます。そのあと時間をつぶして、夜の部に臨みます。いやはやいやはや、期待が高まりすぎて大変です(笑)。




関連記事

From my recent tweets (2010.03.11-03.12)

Twitterでの私の「つぶやき(tweet)」(http://twitter.com/koba_atsu)の中からいくつかご紹介。(青で大きめの文字にしてあるのが実際のtweetです。)



2010.03.11(木)

■「カセットのA面、B面、僕イケメン」で鳴らした芸人の狩野英孝。前に「Perfumeのシャンデリアハウス」にも出ていました。

☆オンタマ見てるんだが、狩野英孝がロックミュージシャンみたいな恰好して出てる。「シャンデリアハウス」の再来か、と思ったら、CDを出したんだとか。
posted at 00:19:30

#なんだかエルビス・プレスリーみたいなひらひらの付いた白い衣装を着ていました。「シャンデリアハウス」でも怪しいミュージシャンの役でした。


                    ☆


■この日はPerfume「ライブハウストゥワー」大阪公演。Hさんのつぶやき:「今日もあ~ちゃんにいじられました」

☆なんですと!2回目ではありませんか!
posted at 01:13:39

#Perfumeのライブでは、MCの時に、あ~ちゃんによる“客いじり”があります。Hさんは昨年のツアーで、男性でありながら「Love the World」の衣装(通称「ラブワコート」)を着用し、あ~ちゃんに見つけられて絡んでもらえたのですが、今回は、「レーシックの人!」ということでいじられたそうです。何とも羨ましいというかなんというか。


                    ☆


■いつものお遊び。今回は「Perfumeの3人のうち、あなたが本当に好きな人を診断します。」

☆ちょっとどきどきしたが、安心した(笑)。 @koba_atsuさんが本当に好きなのはのっちです。 http://shindanmaker.com/2355
posted at 02:01:42

#やっぱりね(笑)。(まあ、確率3分の1ですけど。)


                    ☆


■コミックエッセイ「ダーリンは外国人」が映画化

☆私もあの漫画好きです。2作目以降ちょっと説教臭くなっちゃったのがなんですが。
posted at 15:43:06

#と言っても、面白いのですけどね。その面白さが映画でどのくらい伝わるのかも注目したいと思います。


                    ☆


■thispenguinといえば、Perfumeファンの米国人として有名な青年。昨年、私も会いました。「直角二等辺三角形TOUR」のために来日中の彼が、ツイッターで夜遅くに「お好み焼きを食べたい」とつぶやいたところ、Perfumeクラスタの人たちが立ちあがって、その日のうちに、無事、彼にお好み焼きを食べさせることに成功・・・という出来事がありました。この前の“決起集会”でお会いした方がそのグループにいたと知り、

☆あの伝説の出来事の立役者だったんですね。当時は私はツイッターを知らず、凄い世界があるもんだと思ってました。
posted at 15:57:14

#私がツイッターの存在を知ったのは、そのthispenguinに教えてもらったのが最初。その彼が、今度の「ライブハウストゥワー」に参加するため、また来日します。今度はどんな出来事が起こるのでしょうか。



                    ☆



2010.03.12(金)

■「ラッキー」ではなく「ラッキィ」なんですね、正しくは。

☆@***** ラッキー池田氏って、一度会って話したことあるんだけど、めちゃくちゃ真面目でカッコイイ人だった。
posted at 14:02:19

#数年前に、教えている学生の個展に顔を出したときのこと。彼女が学園祭の委員をやっていて、ラッキィ池田氏を呼んだという縁で、彼が来ていました。テレビで見せるコミカルな感じと違い、ファッションセンスもあってカッコイイ人でした。少し話をしましたが、ものすごく真面目に芸を磨いている人という印象でした。


                    ☆


■私が音声学会の名前を出したら、Perfumeファンの方から反応がありました。

☆それなら日本音響研究所?の鈴木氏の所へ。 RT @*****: 音声学会って、私の仮説「あ~ちゃんが客を煽るときの甲高い声には、人の気分を高揚させる周波数成分が含まれている」を検証してもらえるようなところだろうか… RT:@koba_atsu 音声学会もいい #prfm 
posted at 16:31:39

鈴木氏というのは、日本音響研究所の鈴木松美所長。いろいろなテレビ番組に出ているので、知っている方も多いと思います。「一青窈の『もらい泣き』のスピードを遅くすると平井堅が歌っているように聞こえる」というトリビアの時も出ていました。ここに依頼すれば、あ~ちゃんの声も分析してもらえそうです。どのくらい費用がかかるのかは知りませんが・・・。


                    ☆


■マクドナルドにて。

☆カリフォルニアバーガーなう。どの辺がカリフォルニアなのかな?
100312_02カリフォルニアバーガー
posted at 17:32:15

#「Big America」と銘打ったマクドナルドの“ちょい高い”期間限定バーガーも、テキサスバーガー、ニューヨークバーガー、ハワイアンバーガーと続いて、今はカリフォルニアバーガー。宣伝で言っている「太陽の恵み」ってどこに入ってるんでしょう?(笑) 私は、テキサスバーガー以外は一通り食べました。よく「美味しかった?」と聞かれるのですが、「ん、まあね。」という感じでしょうか。確かに食べ応えがあって、それなりに美味しいです。ただ、期間限定じゃなかったら、モスバーガーの上位商品を選ぶかな、と言ったところでしょうか。


                    ☆


■英語には未来がない。

☆英語には“未来表現”はあっても“未来形”はない――そもそもは恩師の受け売りで、24年前から言っているが、今でも教育現場では未来形と呼んでるんだろうなあ。
posted at 19:41:46

#反響のあったツイートです。参考書はともかく、教科書では「未来形」とは教えていないはず、とのご指摘をいただきました。また、実際、高校では「未来形はない」と教わったという方からのリプライもありました。少しずつですが、進歩してきているようです。この件に関しては、英語の話題として、別に書いてみたいと思います。


                    ☆


■アメリカ人のPedrfumeファン、thispenguinが3度目の来日。

☆渋谷でthispenguinに会ってるなう。
posted at 20:29:58

#来日の目的は「ライブハウストゥワー」に参加すること(彼もファンクラブP.T.A.の正規会員です)。この日、成田に到着、Perfumeファンの男性が出迎えて、渋谷まで連れてきました。お膳立てをしたゆうこさんも含め、6人でお好み焼きともんじゃの店に行きました。(あとから1人来ると言われていて現れたのが、1週間前の“決起集会”でお会いしたtwitterのPerfumeクラスタの方で、お互いびっくり。いろいろつながってます。)


                    ☆


■上野・金沢間を結ぶ寝台特急「北陸」と夜行急行「能登」は、この日をもって運転終了。

☆赤羽駅なう。ラストランの寝台特急「北陸」の通過に遭遇。写真撮る暇はなかった。
posted at 23:16:13

#埼京線から乗り換えて、京浜東北線のホームに上ったら、ちょうど、ブルートレインが宇都宮・高崎線ホームを通過していくところでした。寝台急行「銀河」のときはちょうど居合わせた横浜駅で写真を撮ったりしましたが、今回の「北陸」「能登」は一度も利用したこともなく、それほど思い入れがないので、特に写真に収めようという気持ちはありませんでした。ただ、よく赤羽駅を通過するところを見ていたので、一度乗りたかったなという気持ちは残りました。




関連記事

大学時代の英語学習の思い出

ここ数年、目の前の仕事にかまけて、まともに英語の勉強をしていません。そんな自分がいやで、今年は研究・教育とは別に自らの英語力を高める勉強にも力を注ぎたいと思っています。

幸いにも、twitterで交流させていただいている方の中に、英語学習に熱心に取り組んでいる方や、自己研鑚を積みながら英会話を教えていらっしゃる方などがたくさんいらっしゃるので、そういった方々の「つぶやき」を励みにしていきたいと思います。(正直なところ、現在の環境では、そういう励みになる状況が生まれにくいので・・・。)

さて、そんな英語関係者の方から、「寝る間もなく勉強していた頃」の話題が出されました。それに対する私からのリプライ。

                    ☆

2010.03.09(火)

☆私は大学1年が人生で一番勉強した時。でないとついていけなかった。
posted at 03:22:20

☆@***** 1年の4月からトマス・ピンチョンの「Secret Integration」という難解な小説を読まされました。米文学の人に言うと驚かれます。あとネイティブ用のボキャビルやらされたり。専攻の授業の前の日はほとんど徹夜していたような気がします。
posted at 03:35:59

大学1年の時の米文学の志村先生の授業は、1段落くらいずつ内容を日本語で説明するというもの。あいまいな所は容赦なく先生からの突っ込みが入る。学生の方は、分からないことがあれば先生に質問する、質問がなければ次に進む。シンプルだけど毎回が真剣勝負でした。

トマス・ピンチョンの Secret Integration という小説を、高校を出たばかりの1年生に読ませるというのは、かなり大胆なことらしい・・・ということは、大学を出て、英米文学関係の方と話しているうちに分かってきました。高校までは、辞書をちゃんと引けば正しい解釈にたどりつけるはず、と思っていましたが、辞書を引きまくっても容易にはわからない英文というものもある、ということを知りました。高校時代は英語に関してはトップクラスの成績を誇っていた人たちも、皆が苦しみました。「自分たちはまだまだなんだ」ということを無言のうちに教わりました。

いっぽう、英文学の河野先生の授業は、講読ではなく 30 Days to More Powerful Vocabulary とかいう、ネイティブ(アメリカ人)向けのボキャビルの本を使って、語彙を増やすというもの。授業の様子はよく覚えていませんが、ポイントとなる英単語を覚える以前に、地の文を読むのですらひいひい言っていました。こちらも、高校を出たばかりの学生にはしんどかった。

当時、大学近辺に下宿している友人たちは、テスト前などに集まって一緒に勉強してたみたいです。そこでまとめられた“単語集”のコピーが回ってきたりして、「みんなで頑張って単位を取ろう!」という気運がありました。懐かしい青春時代の思い出の一コマです。

                    ☆

☆ずっとあのペースで勉強し続けていたら、今頃、日本有数の英語使いになっていたと思う。実際同期にそういうのがごろごろいる。私は怠け者なので、落伍してしまった。
posted at 03:39:38

後悔先に立たず。

                    ☆

私の出身大学の後輩にあたる方とのtwitterでのやりとり。大学に入って新しい言語を始める語科の学生も大変だけれども、英米科もつらかったという話。

☆@***** つらいですよ。自分よりロシア科の奴の方が英語できたり、他学科の帰国子女の子の方が話せたり。1年の終わりごろには、英米科(当時の略称)に自分がいる意味って何?って、かなり本気で悩みました。
posted at 03:45:36

専攻語も英語もよく出来る人というのはいるもので、そうなると英米科の人間の立場は・・・?となるんですよね。模範解答は「他学科の英語が出来る人より、もっと英語ができるようになること」なんでしょうが、現実は厳しく(語学は一朝一夕にできるようになるわけではありませんからね)。

                    ☆

学部2年で学んだ音声学が面白く、もっと音声学を勉強したいと思うようになりました。しかし、自分の実力を考えるととても大学院に行こうなどとは口には出せず。が、そんな状況に変化のきざしが。

☆@***** 3年の秋ぐらいですかね。先述の難解な小説を読ませた米文学の先生の演習をとって、その飲み会でOB(院生や院を出た人)の話を聞いて、自分は研究者になりたい、と強く思いました(分野は違いますが)。
posted at 04:27:39

それでも、相変わらず英語力に関する劣等感はぬぐえずにいました。そのため、「英語力が人並みになるまで」ということで、大学院を受験する前に、学部4年生を自主的に2回やることにしました。2度目の4年生の学年末試験、河野先生の講読の授業の試験は、めちゃめちゃ勉強して臨みました。結果はかなりの高得点。「どこに出ても恥ずかしくない英語力です」との先生のコメント。先生のリップサービスとは分かっていますが、あれは嬉しかった。在学中に後にも先にも、先生に実力で褒められたのはあのとき限りです。

そこからは少しだけ自信がついて、というか、ある種の壁を乗り越えたというか、少なくとも原書を読むことに関しては、「英語を学ぶ」から「英語を使う」に移行できました。

                    ☆

あれから20年。あの頃の情熱を思い出して、錆びついた英語力を磨きあげたいと思います。長らく忘れかけていましたが、語学の勉強そのものが、基本的には好きなのです。




関連記事
上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。