スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume@東京ドーム 2010.11.3 (その3・ライブ後半)

「Perfume@東京ドーム 2010.11.3 (その2・ライブ前半)」の続きです。
(この間、ブログの更新が完全に止まってしまい、続きをアップしないまま1ヶ月半が過ぎてしまいました。書きかけの後半をえいやっとかなり強引に仕上げたので、前半と比べても粗っぽいレポになってしまいました。)

着替えタイムの後半、スクリーンに「music by 中田ヤスタカ」(だったかな)の文字が浮かび、《Perfumeの掟》の文字が浮かびました。「えーっ!掟だって!?」と興奮したところまでははっきり覚えているのですが、そのあとの記憶がほとんどすっぽりと欠落しています。《Perfumeの掟》というのは、Perfumeの大ブレイク前夜の2007年のいくつかのライブで行われたダンスパフォーマンス。私のような新参ファンにとっては伝説に近い存在でしたが、この東京ドームで見事復活。私はセンターモニターに目が釘付けだったこと以外は、全くと言っていいほど記憶がありません。センターモニターで、のっちがダンスを披露している後ろに数字が見えるのは何だろうと思って、あっ、と、のっちがバックスクリーン方向にあるステージの数字のオブジェの前で、左から右へ、数字の「1」のところから順番に踊って行っていると気がついたのは、彼女が「8」の数字あたりにさしかかる頃でした。

#せっかくの《Perfumeの掟》なのに興奮しすぎてよく覚えていないと言うのは実に悔しく、しかも後日放送されたwowowではこの部分がカットされていたので、なおさら残念でした。が、2011年2月9日に発売されるDVDには収録されるとのことで、今から楽しみにしています。

                    ☆

後半最初の曲は、今年の夏リリースされた《VOICE》。サビの部分が盛り上がる曲。衣装は、黄緑色の爽やかさを感じさせるもの。最近こういうのが流行りなのか、スクリーンに大小様々の円形とともに歌詞が浮かんでは消えていく(流れていく)という演出があり、華やかさに色を添えていました。
#この時に使われていたフォントは「丸明オールド」と言って、少し前に流行ったのだそうです。

続いては《コンピューター・シティ》。スクリーンに3人の姿が映し出されたのですが、彼女たちの背後のスクリーンの映像がカメラに映りこんで、不思議な多層的な映像となっていました。当然これも“完璧な計算で作られた”映像なんでしょう。さきほどの《VOICE》といい、スクリーンに映す映像一つとっても工夫が凝らされています。

同じくメジャーデビュー初期の人気曲《エレクトロ・ワールド》の短いイントロが流れると、会場はさらにヒートアップ。お約束の手振りとかかけ声で盛り上がります。間奏のときの「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」というかけ声が会場内で時差が起きて、バラバラになってしまったのはちょっと残念でしたが。

                    ☆

ここでMC。「楽しい楽しい」と言ってじゃれあう3人を見てこちらも楽しくなります。あ~ちゃんがかしゆかに「今日何食食べた?」と聞くと、かしゆかは少し残念そうに「2杯」と。ちなみに昨日のこの時間にはすでに4食食べていて、さらに帰ってから2食食べたとのこと。あの細い体のどこからそんな食欲が沸いてくるのか・・・。

ここのMCで最大の話題は、あ~ちゃんの「鳩」の話。あ~ちゃんの家の庭にあるエアコンの室外機のところに鳩が巣を作ったのだとか。(室外機のことを最初「あれ、何だっけ、ぬくみずき?」と言っていましたが、何でしょう「ぬくみずき」って(笑)。)その鳩が卵を産んで、無事生まれて飛び立っていったのだが、今度は別の鳩が巣を作った。その鳩はあ~ちゃんが通ろうとすると脅かすという。こっちが場所を貸しているというのに!・・・と、あ~ちゃんご立腹の様子。そこでのっちが「東京ドームの真ん中で鳩の話をするあ~ちゃん、かっけー!」と言い、あ~ちゃんも満足したと言っていました。あまりの緩さに笑うしかない客席(笑)。

                    ☆

MC後の曲は《パーフェクトスター・パーフェクトスタイル》《Dream Fighter》と続き、《P.T.A.のコーナー》へ。観客も声を出したり手を動かしたりして「パッと楽しく遊ぼう」というこのコーナー。今回は、練習した手振りをちょっとだけ実践。「The best thing」や「セラミック・ガール」のサビの部分や、ペプシNEXのCMで使われた「lovefool」などが流れ、会場の皆で手振りを真似しました。さらに、すっかりおなじみとなった「はみがきじょうずかな」や、さきほどの「にんじん!」「たまねぎ!」「じゃがいも!」「おーにくー!」のコールも行い、盛り上がったところで、《ジェニーはご機嫌ななめ》へ。

「ジェニー」では、3人がそれぞれ3つのサブステージの先に設けられた小さな台に乗り、それがぐーっと上まで伸びてきました(かなり高い)。私のいる3塁側にはのっちが! ちょうど私がいるあたりと彼女の高さが同じくらいになり、このライブの中ではいちばん近くに感じることができました。当然、「のっちー!」のコールにも力がこもります。この「少しでもお客さんに近づこう」という精神が嬉しい。

そのあと、あ~ちゃんの「揺れて~!」のかけ声とともに《コンピュータードライビング》が開始、かと思ったらイントロだけで終わってしまい、曲は《Perfume》に。3人はそれぞれ、スタンドと同じくらいの高さの台車に乗り込み、それがフェンス沿いにぐるりと一周して行きます。3人が歌いながらサインボールを客席に投げ込むというファンサービス。かしゆかはテニスラケットで打っていましたが、のっちは素手で投げていました。もともと《Perfume》は客席も一体となって盛り上がる曲ですが、この日の盛り上がりはまさに「半端ない」といった感じでした。夢のアミューズメント・パークにいるようなそんな心地。私の方にはサインボールは飛んできませんでしたが、楽しいひとときを過ごすことができました。

台車が戻るタイミングのせいか、あ~ちゃんが何度か「これで最後!」と言っても延々と ♪Pa・Pa・Pa・Pa・Pa・Pa・Perfume♪ の繰り返しがエンドレスで流れ、さすがに、「ぐるぐるゆー」と呼ばれる手振りをし続けるのにも飽きてきましたが(笑)、3人が頑張っているのを見ると途中でやめる気にもなれず、手を振り続けていました。

大盛り上がりの中、これまた鉄板の《チョコレイト・ディスコ》で盛り上がりに拍車をかけ、続いては《Puppy Love》で「上下上上 下上下下」という手振りをみんなでやります。3人は花道の端から端まで歩き(走り)回りながら歌います。

そして、♪ラーラーラーラー♪というイントロ、「最後の曲です」とあ~ちゃんが紹介して《Wonder2》がスタート。右手を頭上で左右に振りながら、♪あの日止まった時計が また動き始めたら 幸せな物語 永遠だよ Wonder2♪ という歌詞に目頭が熱くなります。3人がバックスクリーン側のステージに向かい、退場。

                    ☆

すぐにアンコールを求める手拍子が始まりますが、何しろ広い会場なのでなかなかそろいません。途中、1塁側からでしょうか、ウェーブが起こり、私のいるところにもやってきました(地味に楽しかった(笑))。そうこうするうちに、3人が新曲「ねぇ」のマリメッコの衣装を身にまとって再登場。

のっち「22年しか生きていないけど、これが夢みたいという時か、と思いました。」
かしゆか「楽しい時はあっという間に過ぎていってしまう。」
あ~ちゃんは、会場からの声援に涙ぐみ、手を目に当てました。涙声をこらえるようにして「本当にうれしい。結成10周年というと苦労人じゃねとか言われるけど、無駄な事なんて一つもなかった。今日この夢のステージに、かしゆかと、のっちと、一緒にいられることがすごくうれしいです。」

アンコール1曲目は新曲の《ねぇ》。PVはすでにテレビで流れていましたが、振りつけの全体は初披露です。

そして最後の曲は「私たちに大きなチャンスをくれた曲です」とあ~ちゃんが紹介。「11年目も、この曲でチャンスをつかんだ時のような11年目を送りたいと思います。」  《ポリリズム》が最後に来ると予想していた人は少ないのではないでしょうか。しかし、この曲が最後と知った時に、この東京ドームライブの「節目」としての意味を感じ取ったのでした。そう思ったとたんに、私の目には涙が浮かんでいました。《ポリリズム》で瞼を濡らしたのは初めてです。

レーザー光線を多用した鮮やかなライティング、そして ♪ポリループ・・・♪ の所ではバックスクリーン側で花火が上がる盛り上がりぶり。2コーラス目のサビでは銀テープも炸裂。いつもにもまして華やかな《ポリリズム》となりました。

最後は3人とも笑顔で、「それでは、Perfumeでした!」と言ってセンターステージの下に下がって行きました。そして、センターステージには上から開演時のようなテントが降ってきて幕となりました。終演は20時過ぎ。実質2時間55分ほどのライブ。予想されたほどの長時間にはなりませんでした。

                    ☆

客席からの退場は規制退場でしたが、幸い真っ先に指示されてすぐに退場することができました。その後、会場から続々と出てくるお客さんの幸せそうな顔を見ていたくて、誰と待ち合わせているわけでもありませんでしたが、会場の外にしばしとどまっていました。
101103_33終演後



↓ライブ後のオフ会等はこの下

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト
上野まな - Feeling
上野まな - My Silly Girls
プロフィール

こばあつ

Author:こばあつ
札幌市出身、埼玉県南部在住。美術大学で英語を教えています。
◆専門◆音声学(主に英語の音声教育、発音表記など)。広くことばやことばの音に関する楽しい話が好きです。
◆趣味◆
【旅行】鉄道旅行と食べ歩き。
【うたを聞くこと】<好きな歌手>上野まな、Perfume、辛島美登里、一青窈、いきものがかり、福原美穂、RYTHEM、太田裕美、溝渕文。<気になる歌手>花菜、山崎葵。ちなみに合唱経験者です。初期の木下牧子作品は思い出深く好きです。
【その他】<好きな女優>上野樹里、宮崎あおい、臼田あさ美、市川実日子、笹峯愛、深津絵里、石原さとみ、松本まりか、ほか

★アメブロで「こばあつの雑記帳(別館)」やってます。
Twitterでもつぶやいてます

ブログ内検索
カテゴリ
JPN (2)
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
訪問者数(2011.7.9より)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。